beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

イタリア7部クラブ所属の19歳が逝去…伊メディアは自殺と報道

このエントリーをはてなブックマークに追加

イタリア7部クラブ所属のファビアーノ・コルッチが19歳で生涯を閉じた

 イタリア7部リーグのASマルティーナは所属選手であるファビアーノ・コルッチが亡くなったことを発表した。18日、イタリア『コリエレ・デロ・スポルト』は自殺と伝えている。

 19歳のコルッチは主将のミーティングに来ず、異変に気付いた弟が自宅のガレージでコルッチを発見したという。クラブ公式サイトでは声明を発表し、「マネージャーやスタッフ、チームメートなどは動揺を隠せません。親愛なるファビアーノ・コルッチの哀悼の意を表します」とコメントしている。

 夭逝の青年について、「明るく誠実だった。献身的で有能な選手でもあった。だからこそ、あまりにも唐突な死の報せに全員が驚き、苦しんでいる」とその印象を語り、クラブ全体が悲しみに包まれている様子を伝えている。

 『コリエレ・デロ・スポルト』によると、18日に予定されていたマルティーナの試合は延期になったという。

TOP