beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

自慢のミドルにも意欲…山中亮輔がA代表デビューへ「誇りを感じながら」

このエントリーをはてなブックマークに追加

A代表デビューに期待が高まる日本代表DF山中亮輔(横浜FM)

 A代表デビューの準備はできている。念願の初選出を勝ち取った日本代表DF山中亮輔(横浜FM)は翌日に控えるキリンチャレンジカップ・キルギス戦(豊田ス)に向けて、「代表の雰囲気、誇りを感じながらプレーしたい」と意気込んだ。

 初めてA代表のユニフォームに身を包んで迎えた16日のベネズエラ戦は出番なし。だが、森保一監督はキルギス戦の前日会見で「大幅にメンバーを変える」と予告しており、背番号5が先発する可能性が高まっている。「自分は攻撃のところ。引いてくることも考えられるし、違いをつくっていきたい」と持ち味の攻撃力を発揮する構えだ。

 対戦相手のキルギスはFIFAランキング90位と格下だが、チームとして対戦相手の分析は欠かさない。「映像を見たけど、5-4-1のフォーメーションで来ると思う。ウイングバックが噛み合わないところがあるので、誰が行くかをハッキリさせたい」。5バック気味になる相手に対し、自身の持ち場で優位に立つことが肝要だ。

 相手が守備的に来る可能性については「ブロックの手前で動かすことが多くなれば、ミドルも狙っていきたい」とJリーグで猛威をふるっている左足シュートにも意欲。所属先の横浜FMでも相手を押し込む場面は慣れており、「相手が出てきたところでワンツーしたり、引き出しを持って臨みたい」と崩しのイメージはできている。

 この日は横浜FMの筆頭株主である日産自動車のカルロス・ゴーン会長が金融商品取引法違反で逮捕されるという報道があり、取材陣からはその件に関する質問も出たが、そもそも同会長を「知らないです」と苦笑い。チームメートからは応援のメールが届いているといい、「楽しみにしてくれているみたいなので、いいところを見せられれば」と笑顔で語った。

(取材・文 竹内達也)

●アジアカップ2019特設ページ

TOP