beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

植田フル出場のセルクル・ブルージュが首位ゲンク撃破!

このエントリーをはてなブックマークに追加

先発フル出場したDF植田直通

[11.24 ベルギー・リーグ第16節 ゲンク1-2セルクル・ブルージュ]

 ベルギー・リーグ第16節が24日に行われ、DF植田直通の所属する9位セルクル・ブルージュは敵地で首位ゲンクと対戦し、2-1で勝利した。これで今季初の3連勝。2試合ぶりにスタメン起用された植田は、フル出場で逃げ切りに貢献している。

 セルクル・ブルージュは前半26分、右CKの流れから相手のオウンゴールで先制。同34分にはカウンターからスムーズなパスワークを展開し、最後はPA内のこぼれ球をFWセルジュ・ガクペが右足で流し込んだ。

 首位を相手に2点を先行したセルクル・ブルージュだったが、後半36分にMFアルノー・ルサンバが2度目の警告で退場する。同アディショナルタイム6分には、ゲンクのFWレアンドロ・トロサールにミドルシュートを叩き込まれて失点。それでも1点のリードを守り抜き、2-1で勝利した。

●海外組ガイド
●ベルギー・リーグ2018-19特集

TOP