beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

元伊代表FW、がん闘病を告白「この試合がどんな結末を迎えるのかまだ分からない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

闘病を告白した元イタリア代表FWのジャンルカ・ビアリ氏

 元イタリア代表FWのジャンルカ・ビアリ氏が、26日付のイタリア紙『コリエレ・デラ・セーラ』のインタビューの中で、がんとの闘病を告白した。

 現役時代、ユベントスやサンプドリア、チェルシーなどで活躍したビアリ氏は現在54歳を迎えたが、がんのため長い闘病生活を続けていたことを明かした。

「このことを家族や他の人に伝えなければならないのはつらく難しいことであると知っていた。まるで自分に降りかかってきたことが自分のせいであるかのように、恥ずかしく感じてしまう。街を歩くときは、人に何も気付かれず、まだ皆が知る“ビアリ”であるかのように見せようとシャツの下にセーターを着ていた。だがその後、自分の体験を語り、本にすることを決めた」

■「私の体験を人のために」

 数カ月にわたって化学療法や放射線療法による治療を受け、現在は体調が改善している。

「1年が経ってまた強靭なフィジカルが戻ってきた。だがこの試合がどのような結末を迎えるのかまだ確証はない。私の体験が人生の岐路に立つ人々にとって役に立つことを願っている。重要なのは勝つことではなく、勝者の考え方をすることだ。私の体験が人の役に立ち、事が起きた時に正しい形で向き合うことができるよう願っている。誰かが私の体験を知り、『あきらめなかったのは君のおかげだよ』と言ってくれるようになればと思う」

 またビアリ氏はサッカーについても言及。自身が下部組織から育ち、プロデビューを飾ったクレモネーゼ(セリエB)に愛着を示す一方、ユベントスに対しても敬意を表す。

「私の心の内にあるのはクレモネーゼだが、子供の頃はインテルを応援していた。ユベントスでプレーすることは誇りだった。それにユニフォームの重みを感じる。返すときはきれいにたたんで、受け取ったときよりもやや高い場所に置かないとね。(マルチェロ)リッピ? 彼は私の救世主だよ。初めて面談したときにユーベ退団を希望していることを伝えると、『ちょうど私がやって来て、君の力が必要だというのに?』と言われたんだ」

●セリエA2018-19特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP