beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

レスターがPK戦でセインツ下して8強、ヘリ墜落事故で延期の一戦を制す

このエントリーをはてなブックマークに追加

PK戦を制したレスター・シティ

[11.27 カラバオ杯4回戦 レスター・シティ0-0(PK6-5)サウサンプトン]

 カラバオ杯(リーグ杯)は27日、延期となっていた4回戦のレスター・シティサウサンプトン戦を行い、0-0のPK戦の末にPK6-5でレスターが勝利した。12月18日の準々決勝ではマンチェスター・シティと戦う。

 当初、この試合は10月30日に行われる予定だったが、同27日にレスターのビチャイ・スリバッダナプラバ会長を乗せたヘリコプターの墜落事故が発生したため、延期されていた。

 試合はスコアレスのまま90分間を終了。延長戦なしでPK戦に突入した。互いに5人目まで全員gが成功。続く6人目で決着がついた。先攻のサウサンプトンはFWマノーロ・ガッビアディーニがキッカーを務めたが、レスターのGKダニー・ウォードに止められてしまう。その後、MFナンパリス・メンディがしっかり決め、レスターがPK6-5で8強入りを決めた。

 なお、吉田はフル出場。岡崎は後半29分からピッチに立った。

●海外組ガイド
●カラバオ杯2018-19特集

TOP