beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

出場校チーム紹介:浜松開誠館(静岡)

このエントリーをはてなブックマークに追加

注目の初出場校、浜松開誠館高

第97回全国高校サッカー選手権

浜松開誠館高(静岡)

浜松開誠館高関連ニュース


浜松開誠館高写真ニュース

▼全国大会日程
2回戦 0-1 長崎総合科学大附高(長崎)
■出場回数
初出場
■過去の最高成績
-
■その他、過去の主な全国大会成績
-
■監督
青嶋文明
■主将
DF山田梨功(3年)
■今季成績
[総体](県4強)
県準決勝 1-2 藤枝東高
[リーグ戦]
プリンスリーグ東海3位(11勝2分5敗)
[新人戦](県8強)
県準々決勝 0-2 静岡学園高

■予選成績
1次T2回戦 7-0 藤枝西高
1次T決勝 6-0 富士東高
決勝T1回戦 3-1 東海大翔洋高
準々決勝 2-0 常葉大橘高
準決勝 4-0 藤枝明誠高
決勝 2-1 静岡学園高
■都道府県予選決勝布陣&決勝メモ
[4-1-4-1]
      岡島温希
熊取谷一星       弓場堅真
   前田大輝 久保龍太郎
      川畑陸
児玉拓朗        市川侑生
  吉田真那斗 山田梨功
      菅沼一晃
[決勝メモ] 
 4年ぶりの全国出場を狙う静岡学園高との決勝戦。FW塩浜遼(3年)中心にチャンスを作り出してくる静岡学園に対し、浜松開誠館は球際の強さとハードワークで対抗する。そして前半26分、MF川畑陸(3年)の左CKをファーサイドのCB山田梨功主将(3年)がDF頭上からヘディングシュートを叩き込んで先制点を奪う。浜松開誠館はさらに後半3分、FW岡島温希(3年)が獲得した左FKを川畑が蹴り込むと、静岡学園DFのオウンゴールを誘って2-0。その後も速攻から3点目を狙う浜松開誠館に対し、静岡学園も後半17分、右CKを繋ぎ、最後はMF鈴木翔太(3年)が左足シュートを決めて1点差とする。ここから静岡学園はMF神田凜星(3年)を中心に猛攻。ビッグチャンスを連発したが、2年生GK菅沼一晃の好セーブなどで凌いだ浜松開誠館が2-1で競り勝ち、悲願の初優勝を果たした。

MOM:GK菅沼一晃(2年)
「ビッグセーブを連発。まさに守護神の活躍で勝利導く」

■予選取材記者(安藤隆人氏)チーム紹介
“驚異の初出場校”

 初出場だが、その実力は本物だ。これまでMF竹内涼、DF松原后(ともに清水)、DF木下高彰(藤枝)、MF青島拓馬(秋田)、MF土居柊太(町田)、DF袴田裕太郎(明治大、横浜FC内定)と数多くのJリーガーを輩出し、プリンスリーグ東海では常に優勝争いを展開するなど、実力校だった。しかし、インターハイ、選手権は尽く“静岡県の壁”に阻まれ続けていた。
 だが、夏冬合わせて4度目の決勝進出となった今回、その壁をついに破った。「今年は押し込まれた時間にどうアクションをして行くかを取り組んで来た。そういう状況でどのプレーを選択するか。相手をしっかりと見て対応出来るように積み上げた」と青嶋文明監督が語ったように、今年のチームは攻守において安定した力を発揮出来るようになった。CB山田梨功(3年)、アンカーの川畑陸(3年)、前田大輝(3年)と久保龍太郎(3年)のツーシャドー、そしてFW岡島温希(3年)とセンターラインが試合の流れを読み取り、1年生MF熊取谷一星弓場堅真(3年)らが果敢なアタックを見せる。“驚異の初出場校”として初の全国に殴り込みを掛ける。

編集部+α
 05年の創部から14年目で全国初出場。創部3年目で初出場した04年全国中学校大会で初優勝を果たした浜松開誠館中に比べると、全国出場までの時間をやや擁したのは確か。それでも悔しい思いを経験しながら、わずかな期間で東海地区屈指の力を持つ強豪に成長してきた。そして今回、静岡学園高、藤枝東高、清水桜が丘高など中部地区優勢の静岡県において、西部地区からの選手権出場は77年度の浜名高以来41年ぶりとなる快挙だ。清水市立商高2年時に選手権優勝を果たしている元清水の青嶋監督の下、中高一貫指導で磨かれてきた選手たちが“破天荒魂”を持って静岡の壁を突破。新鋭の全国での活躍に注目が集まる。
■予選取材記者(安藤隆人氏)注目選手
エースナンバー「14」背負う守備の要
DF山田梨功(3年)
「正確無比なキックで攻撃の起点になるだけでなく、空中戦の強さは攻守両面で力を発揮する。今年の守備の要である頼れる14番だ」

“縁の下の力持ち”
MF川畑陸(3年)
「視野が広く、全体の流れを読み取りながら、CB山田と連動をして攻守のバランスを整える。縁の下の力持ち的存在だ」

打開力備えたルーキー
FW熊取谷一星(1年)
「チームのナンバー10は1年生。ボールを持てば小刻みの良いリズムを打ちながら、ドリブルで運んでいく。スペースに潜り込む力も持ったルーキー」

■過去の全国大会成績
-
■登録メンバーリスト
1 GK 大谷勇斗(3年)
2 DF 北島伊織(2年)
3 DF 岡部直弥(1年)
4 MF 前田大輝(3年)
5 DF 児玉拓朗(3年)
6 MF 久保龍太郎(3年)
7 DF 吉田真那斗(2年)
8 MF 川畑陸(3年)
9 FW 柳本龍士郎(3年)
10 FW 熊取谷一星(1年)
11 FW 弓場堅真(3年)
12 GK 菅沼一晃(2年)
13 DF 市川侑生(3年)
14 DF 山田梨功(3年)
15 DF 大久保夏輝(2年)
16 MF 青島浩輝(2年)
17 FW 廣渡優太(2年)
18 MF 南禅太(2年)
19 MF 夏目滉太郎(1年)
20 DF 佐藤耕誠(3年)
21 GK 井上龍成(2年)
22 DF 吉林快人(3年)
23 FW 松浦航大(3年)
24 DF 高木颯太(3年)
25 DF 今田黎玖(3年)
26 FW 内山翔太郎(3年)
27 FW 戸田海人(2年)
28 MF 野本侑(2年)
29 FW 松本隼(3年)
30 FW 岡島温希(3年)
▼関連リンク
●【特設】高校選手権2018
★「第97回全国高校サッカー」全48代表校が決まる地区大会決勝を一挙放送!

TOP