beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

肺気胸からわずか1か月…長友佑都が復帰戦で先発フル出場

このエントリーをはてなブックマークに追加

1か月ぶりに復帰したガラタサライDF長友佑都

[11.28 欧州CLグループリーグ第5節 ロコモティフ・モスクワ2-0ガラタサライ]

 UEFAチャンピオンズリーグは28日、グループリーグ第5節2日目を各地で行い、DF長友佑都所属のガラタサライは敵地でロコモティフ・モスクワと対戦した。肺気胸から復帰した長友が1か月ぶりにフル出場。チームは0-2で敗れ、グループリーグ敗退が決まった。

 驚異的なペースでの実戦復帰だった。10月24日の欧州CLグループリーグ第3節シャルケ戦、長友は後半30分過ぎに相手のクロスが胸に当たって負傷。試合後に肺気胸と診断され、回復のため手術を受けていた。その後、11月の代表招集は回避し、来年1月のアジアカップ出場も危ぶまれていたが、わずか1か月でピッチに戻ってきた。

 L・モスクワ戦に先発出場した長友は、負傷前と同様に左サイドを駆け上がり、鋭いクロスを配給。味方が右サイドを崩した場面では、逆サイドからゴール前に攻め上がる場面も見られた。チームは不運なゴールもあって敗れたが、来年1月のアジアカップに向けて心強い復帰戦となった。

●チャンピオンズリーグ(CL)18-19特集

TOP