beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「這いつくばってきた12年…」秋田29歳DF薗田淳が現役引退を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

DF薗田淳が現役を引退

 ブラウブリッツ秋田は30日、DF薗田淳(29)が今季限りで現役を引退することを発表した。

 薗田は川崎Fや町田、札幌、熊本などでプレーし、今季は秋田に加入すると、J3リーグ1試合に出場した。J1通算8試合、J2通算43試合1得点、J3通算5試合出場。

 クラブを通じて、「選手として輝くことは出来ず、特にここ数年は怪我と戦う苦しい日々の連続でした。何度も気持ちが折れました。それでもチームメイトの頑張る姿やファン・サポーターの姿を見るたびに勇気づけられ、『またこのピッチに立ちたい!立つんだ!』諦めずに続けてきました。手間のかかる自分を親身になり、サポートしてくれたメディカルスタッフの皆さんには特に感謝の想いが強いです。這いつくばってきた12年、満足はしていませんが後悔もありません。自分色のサッカー人生は大きな財産です」とコメントを発表した。


 以下、クラブ発表のプロフィール

●DF薗田淳
(そのだ じゅん)
■生年月日
1989年1月23日(29歳)
■身長/体重
182cm/78kg
■出身
静岡県
■経歴
常葉学園橘高-川崎F-町田-川崎F-札幌-熊本-秋田

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●2019年Jリーグ移籍情報

TOP