beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

出場校チーム紹介:明秀日立(茨城)

このエントリーをはてなブックマークに追加

明秀日立高の目標は昨年度の8強超え、日本一だ

第97回全国高校サッカー選手権

明秀日立高(茨城)

明秀日立高関連ニュース


明秀日立高写真ニュース

▼全国大会日程
1回戦 1-0 大阪学院大高(大阪)
[得点]二瓶優大
2回戦 0-1 星稜高(石川)
■出場回数
2年連続3回目
■過去の最高成績
8強(17年度)
■その他、過去の主な全国大会成績
全国高校総体出場3回
■監督
萬場努
■主将
DF高嶋修也(3年)
■今季成績
[総体](全国3回戦敗退)
県決勝 1-0 鹿島学園高
全国1回戦 2-2(PK4-2)羽黒高(山形)
全国2回戦 0-0(PK3-1)藤枝東高(静岡)
全国3回戦 1-3 桐光学園高(神奈川2)
[リーグ戦]
茨城県1部リーグ優勝(17勝1分)
[関東大会](県8強)
県準々決勝 1-1(PK4-5)水戸啓明高
[新人戦](県優勝)
県決勝 2-0 水戸商高

■予選成績
3回戦 7-1 総和工高
準々決勝 4-0 水戸商高
準決勝 1-1(PK4-1)水戸啓明高
決勝 1-0 鹿島学園高
■都道府県予選決勝布陣&決勝メモ
[4-4-2]
  森本健太郎 作山雅紀
津村夢人  川上璃久 長谷川涼平
      成島茉宏 
大山航          高橋隼人
   高嶋修也  飯塚翼
      木村謙一
[決勝メモ] 
 2年ぶりの優勝を狙う鹿島学園高との決勝は前半、中央からの崩しやセットプレーで圧力をかける明秀日立の攻撃を鹿島学園がGK中島遼太郎(2年)を中心に凌ぐ展開に。後半立ち上がりは鹿島学園も積極的にミドルシュートを放つが、大学受験のために後半開始からの出場となったDF深町琢磨(3年)の投入で3-5-2へシステム変更した明秀日立の守りは堅く、スコアは動かない。0-0のまま進んだ試合は後半32分、鹿島学園がMF深海正太郎主将(3年)ら4選手を同時投入して勝負に出る。一方の明秀日立も同じタイミングでMF及川央泰(3年)をピッチへ送り出す。交代策が当たったのは明秀日立の方だった。直後の左スローインから及川が上げた左クロスを10番FW津村夢人(3年)が頭で合わせて決勝点。明秀日立が1-0で勝ち、2連覇を達成した。

MOM:FW津村夢人(3年)
「前半から果敢にシュートを撃ち続け、勝負どころで決勝ヘッド」

■予選取材記者(編集部・児玉)チーム紹介
8強入りした昨年度を上回る力で日本一に挑戦

 昨年度全国8強の明秀日立が、チーム力を強化して選手権の舞台にやってくる。今年は茨城県リーグで17勝1分で無敗優勝を達成。新人戦とインターハイ予選も優勝するなど、茨城県内では無類の強さを発揮してきた。3回戦まで進出したインターハイではGK木村謙一(3年)が2試合で合計5本のPKストップ。個々の能力の高さも光るものがある。
 DF高嶋修也(3年)、DF飯塚翼(3年)、MF成島茉宏(3年)、MF及川央泰(3年)、MF大山晟那(2年)、FW作山雅紀(3年)、FW二瓶優大(3年)と、昨年度8強を経験したメンバーが多く残っていることも心強い。これに昨年は大会直前の骨折の悲劇に見舞われたFW津村夢人(3年)も加わっており、昨年以上の戦力であることは間違いない。
 萬場努監督によると、「今年の子たちは真面目な子が多い。爆発力がない」というが、大学経由でプロを目指す選手も多いことから、「去年の実力よりは今の子の方がある」と自信を持っている。そして、「去年の8強で間違いなく目線は高くなっている」。目標はもちろん、日本一だ。
■予選取材記者(編集部・児玉)注目選手
大会屈指のCB。セットプレーでは得点源
DF高嶋修也(3年)
「セットプレーのキーマン。昨年大会の準々決勝でPKを献上した悔しさを晴らす」

力強い突破は魅力十分
MF大山晟那(2年)
「期待の2年生アタッカー。小柄ながら、ピッチ上での存在感は抜群だ」

復調が期待されるエース
FW二瓶優大(3年)
「故障からの復調が期待されるストライカー。昨年大会では1ゴールを決めている」

■過去の全国大会成績
【17年度 第96回(8強)】
1回戦 3-0 高知西高(高知)
2回戦 1-0 星稜高(石川)
3回戦 1-1(PK5-3)大阪桐蔭高(大阪)
準々決勝 2-3 上田西高(長野)
【15年度 第94回(2回戦敗退)】
1回戦 2-1 四日市中央工高(三重)
2回戦 2-2(PK1-3)國學院久我山高(東京A)

■登録メンバーリスト
1 GK 古田碧都(3年)
2 DF 高橋隼人(3年)
3 DF 大和田祐樹(3年)
4 DF 高嶋修也(3年)
5 DF 飯塚翼(3年)
6 MF 成島茉宏(3年)
7 MF 川上璃久(3年)
8 MF 及川央泰(3年)
9 FW 作山雅紀(3年)
10 FW 津村夢人(3年)
11 FW 二瓶優大(3年)
12 GK 木村謙一(3年)
13 DF 高橋瑞己(3年)
14 MF 藤原理玖(3年)
15 DF 畠山就斗(3年)
16 MF 鈴木寿希夢(3年)
17 MF 長谷川涼平(2年)
18 DF 大山航(3年)
19 DF 深町琢磨(3年)
20 DF 小川優斗(3年)
21 GK 鈴木眞斗(2年)
22 DF 新妻大弥(3年)
23 MF 遠藤一聖(3年)
24 MF 大山晟那(2年)
25 FW 鎌上翔平(2年)
26 DF 石橋衡(1年)
27 FW 小松勇登(3年)
28 FW 小出陸弥(3年)
29 FW 森本健太郎(3年)
30 MF 水越輝星(3年)
▼関連リンク
●【特設】高校選手権2018
★「第97回全国高校サッカー」全48代表校が決まる地区大会決勝を一挙放送!

TOP