beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

名古屋の救世主相馬、“不敗神話”は継続も最終節は不完全燃焼「まだ浮つくんじゃないぞ、と」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョーとの更なるコンビ成熟に期待がかかるMF相馬勇紀

[12.1 J1第34節 名古屋2-2湘南 パロ瑞穂]

 勝ち続けるという意味の“相馬神話”は止まった。しかし不敗神話は継続。前半のみの悔しい交代となったMF相馬勇紀は、「まだ浮つくんじゃないぞ、という結果が表れたのかな」と特別指定選手として戦った名古屋グランパスでのラストマッチを振り返った。

 この日の相手である湘南は、過去に練習参加を経験したクラブ。またチョウ・キジェ監督や水谷尚人社長も早稲田大の出身で、関わりが深いチームでもあった。完全に封じられたことで気付かされたこと。「来年もっと警戒されてくる中で、そこで活躍できる選手にならないといけない。最終的に世界で戦える選手になりたいので、もっともっと成長していかないといけない」。

 しかし今季の関して言えば、夏の衝撃デビューでチームを救い、出場試合は8勝1分と、十分すぎるほどの成果を残した。大学リーグも優勝と申し分ないシーズンを送るが、これからは12日に開幕(早稲田大の初戦は15日)する大学選手権(インカレ)で優勝を勝ち取ることに専念したい。

「過密日程で疲労もたまってきている。でもインカレまで2週間ある。大学と名古屋では求められる役割も違うので、頭と体をしっかりとリフレッシュして臨みたいと思います」

 相馬勇紀の今季はまだ終わらない。

(取材・文 児玉幸洋)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

TOP