beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

出場校チーム紹介:前橋育英(群馬)

このエントリーをはてなブックマークに追加

前橋育英高は今年の代でも日本一を勝ち取る

第97回全国高校サッカー選手権

前橋育英高(群馬)

前橋育英高関連ニュース


前橋育英高写真ニュース

▼全国大会日程
2回戦 vs.宇和島東高(愛媛)
■出場回数
5年連続22回目
■過去の最高成績
優勝(17年度)
■その他、過去の主な全国大会成績
全国高校選手権準優勝2回(14、16年度)、同4強4回(98、99、01、08年度)、全国高校総体優勝1回(09年)、同4強3回(04、14、17年)、同出場15回
■監督
山田耕介
■主将
DF若月輝(3年)
■今季成績
[総体](全国2回戦敗退)
県決勝 3-0 桐生一高
全国2回戦 0-3 大津高(熊本)
[リーグ戦]
プリンスリーグ関東4位(7勝4分6敗、第17節終了時点)
[関東大会](優勝)
県決勝 1-0 桐生一高
関東決勝 2-1 成徳深谷高(埼玉)
[新人戦](県準優勝)
県決勝 0-1 桐生一高
■予選成績
2回戦 8-1 前橋高
準々決勝 3-0 高崎商高
準決勝 2-0 健大高崎高
決勝 2-1 桐生一高
■都道府県予選決勝布陣&決勝メモ
[4-4-2]
          
   室井彗佑  榎本樹
森隼平         近藤友喜
   秋山裕紀 渡邉綾平
塩田直輝         若月輝
   吉田和暉 山原康太郎
       山口瞬
[決勝メモ] 
 今年、新人戦、関東大会予選、インターハイ予選の各決勝、そしてプリンスリーグ関東でも対戦してきたライバル・桐生一高との決勝戦。前半、松本内定FW榎本樹(3年)とFW室井彗佑(3年)へのロングフィードを活用しながら相手を押し込んだ前橋育英だったが、桐生一GK杉浦駿介(3年)の好守にあうなど無得点のまま前半を折り返す。すると、後半6分、右CKからDF中野就斗主将(3年)が決めて桐生一が先制。その後も仙台内定MF田中渉(3年)中心にチャンスを作り出してくる桐生一に前橋育英は苦戦を強いられた。だが、14分、前橋育英はCB山原康太郎(3年)のロングフィードで抜け出したFW室井彗佑(3年)がPKを獲得。これを自ら決めて同点に追いつく。この後、一進一退の展開が続いたが、試合終了間際に前橋育英が勝ち越す。右SB若月輝主将(3年)からのパスを受けた室井が一度失いながらもスライディングで奪い返して右足シュート。これが決まり、劇的な決勝点によって前橋育英が2-1で勝利した。

MOM:FW室井彗佑(3年)
「劇的V弾含む2発」

■予選取材記者(編集部・吉田)チーム紹介
今年の代でも勝つ
 16年度大会決勝で青森山田高(青森)に0-5で敗れた悔しさを忘れずに1年間を過ごし、昨年度は再び全国決勝の舞台に立って流通経済大柏高(千葉)を1-0で撃破。悲願の選手権日本一に輝いた。今年は連覇というよりも、「去年は去年なので、自分たちの代で日本一獲れるように頑張りたい」(FW室井彗佑、3年)、「自分の代で優勝する」(FW榎本樹、3年)と「自分たちの代で日本一を獲る」ことを目指して勝ち上がってきた。
 主将の右SB若月輝(3年)を中心にまとまる今年のチームは、攻撃面での強みがある。松本内定の榎本と県決勝2発の室井の2トップをはじめ、県予選はいずれも怪我で不在だったMF高橋尚紀(3年)とFW石井陽向(3年)らアタッカー陣の層は厚く、攻撃のタクトを振る新潟内定MF秋山裕紀(3年)のスルーパスやセットプレー含めて得点パターンは多彩だ。
 年代別日本代表、高校選抜クラスが揃っていた昨年から全て入れ替わったDFラインも踏ん張ることができるようになってきている。県決勝のあと、山田耕介監督は「ここからの1か月、同成長してくれるか楽しみ」と期待していた。今年はBチームで臨んだ関東高校大会でも優勝。ハイレベルな競争でまた力を磨いて選手権日本一に挑戦する。
■予選取材記者(編集部・吉田)注目選手
今年はエースとして結果を
FW榎本樹(3年)
「U-18日本代表、松本内定。17年インターハイ得点王。前回の選手権決勝では後半終了間際に劇的な決勝点を決めて前橋育英を日本一へ導いた。エースストライカーとして臨む今年、得点王と日本一を狙う」

「14」の責任を持って戦う攻撃的ボランチ
MF秋山裕紀(3年)
「新潟内定。サイドへの正確な展開に加え、前線に絡んで決定的な仕事もしてのける攻撃的なボランチ。2試合に先発した前回選手権から守備力も向上した。エースナンバー『14』の責任を持って全国に臨む」

違い生み出すアジリティ
FW室井彗佑(3年)
「名将・山田監督に『凄いアジリティ』と言わしめるアジリティの持ち主。DFを一瞬で振り切り、シュートへ持ち込んでゴールをもたらす。県決勝では後半ATの決勝弾を含む2ゴールを決め、指揮官は『神様に見えました』」

■過去の全国大会成績
【17年度 第96回(優勝)】
2回戦 5-0 初芝橋本高(和歌山)
3回戦 1-0 富山一高(富山)
準々決勝 3-0 米子北高(鳥取)
準決勝 6-1 上田西高(長野)
決勝 1-0 流通経済大柏高(千葉)
【16年度 第95回(準優勝)】
1回戦 3-0 明徳義塾高(高知)
2回戦 0-0(PK5-3)市立船橋高(千葉)
3回戦 1-0 遠野高(岩手)
準々決勝 2-0 滝川二高(兵庫)
準決勝 1-0 佐野日大高(栃木)
決勝 0-5 青森山田高(青森)
【15年度 第94回(8強)】
2回戦 3-2 大津高(熊本)
3回戦 3-1 帝京三高(山梨)
準々決勝 0-1 國學院久我山高(東京A)
【14年度 第93回(準優勝)】
2回戦 1-0 初芝橋本高(和歌山)
3回戦 1-1(PK6-5)山梨学院高(山梨)
準々決勝 4-0 京都橘高(京都)
準決勝 1-1(PK5-4)流通経済大柏高(千葉)
決勝 2-4(延長)星稜高(石川)
【12年度 第91回(2回戦敗退)】
1回戦 5-1 宮古高(岩手)
2回戦 0-1 鹿児島城西高(鹿児島)
【10年度 第89回(3回戦敗退)】
1回戦 4-1 神村学園高(鹿児島)
2回戦 4-0 室蘭大谷高(北海道)
3回戦 1-1(PK1-3)流通経済大柏高(千葉)
【09年度 第88回(2回戦敗退)】
2回戦 2-3 香川西高(香川)
【08年度 第87回(4強)】
1回戦 2-0 京都橘高(京都)
2回戦 3-0 武蔵工大二高(長野)
3回戦 1-0 香川西高(香川)
準々決勝 1-0 國學院久我山高(東京B)
準決勝 3-5 鹿児島城西高(鹿児島)
【07年度 第86回(2回戦敗退)】
1回戦 5-4 奈良育英高(奈良)
2回戦 1-2 近大和歌山高(和歌山)
【06年度 第85回(2回戦敗退)】
2回戦 2-2(PK3-4)那覇西高(沖縄)
【03年度 第82回(1回戦敗退)】
1回戦 1-1(PK2-3)四日市中央工高(三重)
【01年度 第80回(4強)】
2回戦 2-0 草津東高(滋賀)
3回戦 1-1(PK6-5)東福岡高(福岡)
準々決勝 2-1 大分高(大分)
準決勝 1-2 岐阜工高(岐阜)
【99年度 第78回(4強)】
2回戦 5-2 山陽高(広島)
3回戦 5-2 初芝橋本高(和歌山)
準々決勝 3-2 静岡学園高(静岡)
準決勝 0-0(PK2-4)市立船橋高(千葉)
【98年度 第77回(4強)】
1回戦 2-1 宮崎工高(宮崎)
2回戦 3-0 岐阜工高(岐阜)
3回戦 1-0 丸岡高(福井)
準々決勝 5-1 熊本国府高(熊本)
準決勝 2-3 帝京高(東京A)
【96年度 第75回(8強)】
1回戦 2-0 美鈴が丘高(広島)
2回戦 1-0 韮崎高(山梨)
3回戦 2-2(PK6-5)奈良育英高(奈良)
準々決勝 1-2 市立船橋高(千葉)
【94年度 第73回(2回戦敗退)】
2回戦 1-2 鹿児島実高(鹿児島)
【93年度 第72回(3回戦敗退)】
1回戦 5-1 佐賀商高(佐賀)
2回戦 3-2 韮崎高(山梨)
3回戦 1-2 国見高(長崎)
【92年度 第71回(2回戦敗退)】
2回戦 1-5 国見高(長崎)
【91年度 第70回(1回戦敗退)】
1回戦 1-1(PK4-5)新宮商高(和歌山)
【90年度 第69回(2回戦敗退)】
2回戦 0-4 徳島市立高(徳島)
【86年度 第65回(1回戦敗退)】
1回戦 1-3 九州学院高(熊本)

■登録メンバーリスト
※判明後に更新予定
▼関連リンク
●【特設】高校選手権2018
★「第97回全国高校サッカー」全48代表校が決まる地区大会決勝を一挙放送!

TOP