beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「また強いレイソルに」MF大谷秀和は柏の復権を誓う

このエントリーをはてなブックマークに追加

大谷秀和は日々のトレーニングの重要性を説いた

[12.1 J1第34節 柏4-2G大阪 三協F柏]

 2018シーズン最後の試合で、柏レイソルは初の連勝を挙げた。負けた時点でJ2降格が決まる状況で行われた前節は、C大阪に3-0で会心の勝利。残留を争うライバルチームも揃って勝ったため降格の憂き目にあったが、試合の内容自体は攻守でC大阪を圧倒した。そして迎えた今季最終戦。相手は9連勝中、チーム新記録となる10連勝に意気込むG大阪だった。

「残留がなくなった中で自分たちが何を目指して戦うのかは、ミーティングの中で健さん(岩瀬健監督)から話もありました。前節とは(モチベーションが)変わってくるのは仕方ない、そんな中で家族のためだったり、自分のためだったり、ファンやサポーターのためだったり、そういうものをエネルギーにしてやっていこう」と指揮官から檄を飛ばされていたことをMF大谷秀和は明かす。

「自分たちの戦いをすれば勝てる自信はあった」と大谷。チームは充実したトレーニングを経て試合に臨んでいた。「アデミウソンにボールが入ったときはクオリティが高いので早めにつぶせたらとは思ってました。こういう形でプレッシャーくるよね、というのトレーニングは積んできたので、自分たちの想定外のことはそんなに起こらなかった」。新監督就任後は、スコア、内容ともに充実した2連勝を飾った。

 しかし「短いスパンで考えたら」と大谷が前置きするように、シーズンを通して考えると今季の結果には誰もが納得していない。「去年(リーグ)4位に終わって、今年はさらにその上をと思った中で力のある選手も加わってくれました。でも今日の試合まで連勝がなくて、連勝するチャンスは数多くあった中でつかめなかった。ピッチで戦ってた中では責任を感じました」。ピッチ外で不可解な事が多いシーズンとなったが、大谷はピッチでの責任を口にする。

「2回(06年、10年)は1年で(J1に)上がれていますけど、移動を含めて厳しいリーグだと思っています。自分たちの覚悟もものすごく必要になりますし、チームのまとまりを持たないと勝ちきれないし、簡単には上がれないと思う。また強いレイソルに戻れるようなものをチーム全員でつくらないと」。自身3度目のJ2を前に、柏一筋16年の“ミスターレイソル”はチームの復権を誓った。

(取材・文 奥山典幸)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●[J1]第34節 スコア速報

TOP