beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

東京V佐藤優平のホンネ!? GK上福元のヘディングは「決まらなくて良かった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

劇的な決勝点を演出した東京ヴェルディMF佐藤優平

[12.2 J1参入プレーオフ2回戦 横浜FC0-1東京V ニッパツ]

 予定にはなかったという――。0-0で迎えた後半アディショナルタイム6分。引き分けでは敗退が決まる東京ヴェルディがCKの好機を得る。キッカーを務めたMF佐藤優平が右足から蹴り出したボールにいち早く反応したのが、攻撃参加していたGK上福元直人だった。

 スコアが動かないまま終盤を迎えて「皆、焦りはあったと思う」と振り返った佐藤だが、「セットプレー1本で」との思いもあった。そして、そのチャンスが巡ってきたのが後半アディショナルタイムだ。右CKを得ると、「カミが(ゴール前に)いたのは分かっていたけど、どこに入ってくるかは分かっていなかった。誰に合わせるというよりも、その場所に蹴るという(ロティ―ナ)監督の意図があった」と、ニアサイドにボールを蹴り出す。

 そこに飛び込んだのが上福元だった。ヘディングで合わせたシュートはGK南雄太に阻まれたものの、こぼれ球をFWドウグラス・ヴィエイラが押し込んで劇的な決勝点が生まれた。

 しかし、CKを蹴った佐藤には「誰が決めたのかも分からなかった」ようで、オーロラビジョンの映像を見て得点の流れを確認したという。「カミが入ってくるのは予定していなかったし、カミじゃなかったらきれいに一発で決めていたかもしれない。あれが決まらなくて良かったですよ、調子に乗るから」とおどけつつ、「今回は本当にラッキーだった」とチームの勝利に安堵の表情を浮かべた。

 2回戦を突破したチームは8日の決定戦で磐田と対戦。「J1のチームで、よりレベルが高い選手がいる。一人ひとりが100パーセント以上の力を出さないと、自分たちが持っている以上の力を出さない」と気を引き締め直し、決戦に備えて準備を進めていく。

(取材・文 折戸岳彦)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●2018J1参入プレーオフ特設ページ

TOP