beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ここ4試合で3発と絶好調!堂安が1ゴール1アシストで最下位相手に大勝導く

このエントリーをはてなブックマークに追加

堂安のゴールなどで大勝した

[12.2 エールディビジ第14節 フローニンゲン5-2NAC]

 日本代表MF堂安律の所属するフローニンゲンは2日、ホームで最下位のNACと対戦し、5-2で大勝した。フローニンゲンは2試合ぶりの勝利。堂安はフル出場だった。

 今季最多となる大勝劇に堂安も大きく貢献した。まずは開始6分、右サイドから堂安がゴール前にロングボールを入れると、FWミムン・マヒが左足ダイレクトで合わせる。右クロスを叩いたシュートがそのままゴールネットに収まり、先制点になった。

 前半16分、そして後半11分に失点して逆転を許してしまったフローニンゲンだが、堂安がチームを救う。後半13分、右サイドから崩したフローニンゲンは、クロスボールからの混戦を堂安が蹴り込む。2試合ぶりとなる今季4点目でスコアをタイに戻す。

 さらにフローニンゲンは後半31分に堂安を起点にしたDFデヨファイシオ・ゼーファイクのゴールによって再逆転。同40分には堂安のパスを受けたマヒが、最初のシュートはGKに防がれたが、跳ね返りを押し込んで加点。同45分にはDFサミル・メミシェビッチにダメ押しゴールが生まれた。

●海外組ガイド
●オランダ・エールディビジ2018-19特集

TOP