beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

モウリーニョ、上位進出は諦めモード?「トップ4は奇跡が起きれば…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督

 マンチェスター・ユナイテッドジョゼ・モウリーニョ監督がクラブの現状について語った。『テレグラフ』が報じている。

 マンチェスター・Uは今季のプレミアリーグで14試合を消化した時点で7位に沈んでいる。1日に行われた第14節ではサウサンプトンと対戦。FWロメル・ルカクとMFアンデル・エレーラのゴールで辛くも引き分けに持ち込んだが、2点を先行される苦しい展開となっていた。

 マンチェスター・Uは昨季のリーグ戦を2位でフィニッシュ。モウリーニョ監督は昨季と比較し、現状を語った。

「昨シーズン、私たちはトップ4でフィニッシュした他のクラブと比べても素晴らしいクオリテイを見せていた。今年はより多くの問題に直面しているよ。だが勝利のためにトライし続け、できる限り多くのポイントを取りに行く。奇跡が起これば、トップ4でフィニッシュできるだろう」

 サウサンプトン戦では守備陣の駒不足を露呈。本来中盤の選手であるMFネマニャ・マティッチとMFスコット・マクトミネイがDFの位置でプレーした。これに対し「守備の仕方をよく分かっていなかった。彼らのポジションではないからね」と振り返り、「ゾーンで守備を固め、弱点を隠すように心がけているよ」と頭を悩ませた。
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP