beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ブラサカ日本代表の「金の卵」が初の海外遠征へ。23~27日にマレーシアに武者修行

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本代表スタッフのアドバイスを受ける丹羽海斗(中央。11月1日、日本代表合宿にて)

ブラインドサッカーのナショナルユーストレセンが12月23日から27日まで初の海外遠征となるマレーシア遠征を行う。遠征期間中にマレーシア代表と強化試合が予定されている。国際強化試合は2月にラオス代表(世界ランク35位)を日本に招いて対戦して以来、2度目となる。

 この遠征にむけて、12月8,9日に東京・八王子市にあるクーバー・フットボールパーク(東京都八王子市)国内直前合宿を行う。同時期に行う日本代表合宿に普段、選ばれている若手のGK高橋太郎やFP丹羽海斗も今回はナショナルユーストレセンのメンバーとして遠征に参加する。「2020年の東京五輪パラリンピックでのメダル獲得」のみならず、「2024年に世界一である」目標にむけ、小学校4年生以上、高校生以下の年代の若手発掘を行い、成長を促していく。

【参加予定メンバー】
GK泉健也(free bird mejirodai㉖)
GK高橋太郎(ラッキーストライカーズ福岡㉓)※1
FP丹羽海斗(free bird mejirodai㉑)※1  
FP高橋裕人(大阪ダイバンズ⑳) 
FP山田弥毅(新潟フェニックスファイヤーズ⑱)  
FP永盛楓人(free bird mejirodai⑰)※2
FP近藤凌也 (buen cambio yokohama⑰)
FP吉備津蒼太(free bird mejirodai⑭)  
FP北郷宗大 (松戸・乃木坂ユナイテッド⑭)
FP平林太一⑫※3

監督 彌富圭一郎 
ガイド山本夏幹 

【注】丸数字は年齢。※1は日本代表強化指定選手。※2は負傷のけがの回復次第で遠征に参加。
※3は所属クラブはなし


●障がい者サッカー特集ページ

TOP