beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

札幌、初のACL挑戦権獲得ならず…鹿島の天皇杯敗退で繰り上げ消滅

このエントリーをはてなブックマークに追加

札幌、ACL出場権繰り上げ獲得ならず

 天皇杯は5日に準決勝を行い、浦和レッズは鹿島アントラーズに1-0で勝利して3大会ぶりの決勝進出。ベガルタ仙台はモンテディオ山形との“みちのくダービー”を制し、初の決勝戦へ挑むことになった。

 一方、鹿島が敗れたことで北海道コンサドーレ札幌のACL出場が消滅した。リーグ戦3位の鹿島が天皇杯で優勝した場合、元々獲得していたプレーオフ出場枠が空き、4位の札幌が繰り上げになっていた。

 札幌がACLプレーオフ出場枠に入れば初の挑戦に。しかしその夢は静かに持ち越しとなった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

TOP