beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

中島翔哉、プレミア移籍交渉が最終段階と報道…ウルブスが25億円で獲得か

このエントリーをはてなブックマークに追加

中島翔哉がプレミアリーグ挑戦か

 ポルトガル1部のポルティモネンセでプレーする日本代表MF中島翔哉が、今冬の移籍でプレミアリーグに挑戦することになりそうだ。『デイリーメール』はウォルバーハンプトンが1月の移籍市場で獲得に乗り出すとし、浮上のキーマンにしたい考えを持っていると伝えている。

 またポルトガルメディア『ボラ』に至っては、ウォルバーハンプトンへの移籍交渉が最終段階に入っていると報じている。契約解除金は4000万ユーロ(約51億円)に設定されているというが、2000万ユーロ(約25.6億円)程度で決着するとみられる。

 ポルティモネンセのダイレクターを務める元浦和のロブソン・ポンテ氏も「外部から多くのちょっかいをかけられており、彼を残すのは難しいだろう。だが中島を手放すとしたら、それが適正なオファーであるときだけだ」と話しているといい、移籍の可能性は高くなっているようだ。

●海外組ガイド
●ポルトガル・リーグ2018-19特集

TOP