beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

J1クラブからオファーも…明治大DF上夷は「熱量が嬉しかった」J2京都を選択

このエントリーをはてなブックマークに追加

京都への入団を決めたDF上夷克典

 J1クラブからオファーが届いていたが、明治大のDF上夷克典(4年=鹿児島城西高)は京都サンガF.C.への入団を決断した。

 上夷は鹿児島育英館中、鹿児島城西高と鹿児島のエリート街道を進み、高校3年時には出場した全国高校サッカー選手権でも大会屈指のCBとして注目を集めた。

 当時からプロの熱視線を浴びており、FC東京と京都から獲得オファーが届いていたが、人間的な成長も見込んで、明治大への進学を選択した。

 明治大進学後は選手層の厚さに、上夷と言えどなかなかレギュラーに定着することが出来なかったが、最終学年となった今季は、主将DF岩武克弥(4年=大分U-18)とともに不動のCBコンビを形成。夏の総理大臣杯では母校に2年ぶりのタイトルをもたらした。

 そんな大学屈指のCBには多くの強豪クラブが注目。練習参加した松本山雅FCなど最終的な獲得オファーがなかったクラブもあったが、セレッソ大阪大分トリニータといった強豪クラブが争奪戦を繰り広げた。しかし上夷は「熱量が嬉しかった」ことで京都への入団を決断。

 高校時代から声をかけてくれていたことへの恩義、さらに担当スカウトの中山博貴氏が鹿児島城西高の先輩で、さらに高校時代に練習参加した時の京都のキャプテンという縁も感じていたことから、迷いを吹っ切った。

「あとは闘莉王選手にいろんなことを学びたいと思った。守れる範囲も広いし、ヘディングを当てる強さも凄い。いろいろ学びながら、成長していきたいなと思っています」

「J1というのも考えたけど、J2で別格になるくらいじゃないと、J1でやっていける存在になれないと思った。だからJ2でずば抜けた存在になりたい。J2からJ1に上がるチャンスがチームとしてもあると思うので、頑張りたいと思います」

 先日、クラブから入団の発表がされるより先に、新聞等で進路が明らかになった。驚きを隠せない様子の上夷だが、「期待値は感じる」と気を引き締める。

 夢は中学、高校の先輩になるFW大迫勇也(ブレーメン)と同じピッチに立つこと。上夷が中学時代まではよくグラウンドに顔を出してくれていたといい、マッチアップも経験したという。

「ここからどうなるかは自分次第だと思う。まだまだ足りないところもあるし、世界で戦えるかというと、まだまだ足りないと思う。日本だけでなく、世界を見ながら成長していきたいです」

(取材・文 児玉幸洋)
●第92回関東大学L特集

TOP