beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

群馬、GK常澤聡ら4選手との契約満了を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
 ザスパクサツ群馬は7日、GK常澤聡(33)、DF阿部巧(27)、MF岡庭裕貴(23)、DF市川恵多(28)ら4名との来季契約を更新しないことを発表した。

 常澤は2007年から10年までを当時のザスパ草津でプレーし、また今季から再び群馬に加入していた。クラブ公式サイトでは「チームのJ2復帰という目標を達成できなかったことは、本当に残念でなりません。来年こそはJ2に復帰できることを祈っています!在籍させていただいた計5年間、熱い応援を本当にありがとうございました」とコメントしている。

 阿部は17年に福岡から群馬に加入。2年間を過ごし、「今シーズンJ2復帰という目標を達成することができませんでしたが、最後まで僕らに熱いご声援をいただき、ありがとうございました。勝利したときに皆で草津節を歌ったことが、良い思い出です」と感謝を伝えている。

 岡庭は17年に東京農業大を卒業して群馬でプロデビュー。公式サイトを通じて、「2年間という短い期間でしたが、このザスパクサツ群馬でプロとしてスタート出来た事を誇りに思います。去年、群馬に加入した時たくさんのサポーターさんに暖かく迎え入れて頂き、とても感動しました。群馬で経験させて頂いた2年間はこれから先の人生の糧になると思っています。そんな貴重な時間を頂けたことに感謝の気持ちでいっぱいです」とサポーターへの思いを述べた。

 市川は常澤と同じく地元・群馬の出身。「2年間ありがとうございました!地元のチームに入れたことは誇りです。しかし、力になる事が出来ずに申し訳ありませんでした。これからは一ファンとしてザスパを応援していくので、市川恵多も応援して頂けると嬉しいです!」とコメントを残した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●2019年Jリーグ移籍情報

TOP