beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

鹿児島がFW中山雄希との期限付き移籍満了を発表、レンタル元の横浜FCは来季契約の更新をせず

このエントリーをはてなブックマークに追加

期限付き移籍先の鹿児島、レンタル元の横浜FCとの契約が満了したFW中山雄希

 鹿児島ユナイテッドFCは7日、FW中山雄希(24)の期限付き移籍の期間が満了したことを発表した。また、レンタル元の横浜FCは来季の契約を更新しないことを発表している。

 2017年に早稲田大から横浜FCに入団した中山は、今季途中から鹿児島に期限付き移籍していた。中山は鹿児島の公式サイトで、「約4ヶ月という短い間でしたが本当にありがとうございました。途中からの加入でしたがプレーをする機会を与えてくださった鹿児島ユナイテッドFCの関係者、監督、スタッフの皆様、ありがとうございました」と感謝のコメントを残している。

「そして何よりも、私を温かく迎えてくださったサポーター、選手達には本当に感謝しかありません。J2昇格という瞬間を選手の一員として経験できたことは私にとって非常に大きな財産になりました。来シーズン鹿児島ユナイテッドFCがJ2の舞台で飛躍することを願っています。私はまだまだ成長できると自分を信じて、情熱を持ってサッカーに向き合って行きます。短い間でしたが本当にありがとうございました」

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●2019年Jリーグ移籍情報

TOP