beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

レワンドフスキ2発&リベリ弾!! バイエルン、ニュルンベルクに快勝…久保は出場なし

このエントリーをはてなブックマークに追加

バイエルンニュルンベルクから完封勝利を収めた

[12.8 ブンデスリーガ第14節 バイエルン3-0ニュルンベルク]

 ブンデスリーガ第14節2日目が8日に開催され、FW久保裕也が所属するニュルンベルクバイエルンのホームに乗り込み、0-3の完封負けを喫した。3試合ぶりに先発を外れた久保は、ベンチ入りしたものの出場はなかった。

 前半9分に試合を動かしたのはホームのバイエルンだった。DFジョシュア・キミッヒが蹴り出したCKをFWロベルト・レワンドフスキがヘディングで合わせてネットを揺らし、スコアを0-1とする。さらに同27分にはMFレオン・ゴレツカがPA外から放ったシュートがクロスバーを叩いてはね返ったボールをレワンドフスキが押し込み、バイエルンがリードを2点差に広げた。

 0-2とバイエルンがリードしたまま後半を迎えると同11分、GKファビアン・ブレドロウのキックミスを拾ったFWセルジュ・グナブリーがMFトーマス・ミュラーとのワンツーでPA内に侵入。右足から放ったシュートはブレドロウに阻まれたものの、こぼれ球をMFフランク・リベリが蹴り込んでバイエルンのリードは3点差に広がった。

 その後もニュルンベルクには得点が生まれず、バイエルンに0-3の完封負けを喫した。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2018-19特集

TOP