beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

大宮Yは3位でプレミアプレーオフへ…トップ昇格内定の主将FW吉永昇偉「負けたことで気が引き締まった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW吉永昇偉は「意味のある敗戦に」と振り返った

[12.9 プリンスリーグ関東第18節 横浜FMユース1-0大宮ユース ニッパツ]

 前節の大勝でプレミアリーグプレーオフ出場を決定的にしていた大宮アルディージャユースは、最終節で横浜F・マリノスユースに敗れたものの、3位で1年でのプレミアリーグ復帰に望みをつないだ。

 意識していた相手にやられた。大宮ユースの主将FW吉永昇偉(3年)にとって、この日の唯一の得点を決めたMF椿直起は、中学校時代からしのぎを削る仲。大宮ジュニアユース時代にサイドバックだった吉永は、横河武蔵野ユースの椿と何度もマッチアップしたのだという。

 ともにトップ昇格を決めている中で迎えた一戦。「(椿に)思うようにやらせないというのはみんなで統一してやっていた」というが、この日に関しては完敗を認めざるを得ない結果となった。「一発で仕留められてしまった。今日は直起のほうが差を見せたのかなと思います」。

 しかし今年1年を振り返ると、吉永の成長も負けてはいない。もともと右SB主戦場としていた選手だが、昨年度よりFWに転向。今夏のクラブユース選手権では得点王の活躍でチームを準優勝に導くと、プリンスリーグ関東では堂々18ゴールを決めた。

 プレミアリーグを戦った「全然点が取れなかった」と振り返る前年からの急成長。9月には大宮ユースからは7年連続となるトップ昇格を決めた。単純にシュートを打つことに意識を置くようになったことが状況を好転させていると振り返るが、自信になった1年でもあった。

「何としてもプレミアに昇格させたいというのは、みんな思っているところ。逆に今日負けたことで気が引き締まって、来週のトレーニングからやって行けるんじゃないかなと思う。昨年は今の3年生が半分ほど出させてもらっていた中で、チームを降格させてしまった。悔しい思いがある。自分は点を取って貢献出来ればなと思っています」

(取材・文 児玉幸洋)
●2018高円宮杯プリンスリーグ特集
●2018高円宮杯プレミアリーグ特集

TOP