beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[プリンスリーグ関東]矢板中央は無敗フィニッシュならず…プレミアPO進出の3チーム決定:最終節

このエントリーをはてなブックマークに追加
 高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ2018関東は9日、2018シーズンの最終節を行った。

 プレミアリーグプレーオフ出場権が3枠あるプリンス関東。すでに優勝が決まっている矢板中央高(栃木)は出場権を得ているが、残り2枠は最終節の結果次第となっていた。

 そんな中、勝ち点28で2位の大宮アルディージャユース(大宮)と、同26で3位の横浜F・マリノスユース(神奈川)が激突。前半31分のFW椿直起の決勝点により横浜FMユースが勝利し、2位でプレミアプレーオフ進出を決めた。

 勝ち点25で4位の前橋育英高(群馬)は矢板中央と対戦し、前半に3点を奪って4-0で完封勝ち。この結果、大宮ユースと前橋育英が勝ち点28で並んだが、得失点差により大宮ユースが3位でプレーオフ出場権を獲得した。なお、矢板中央は今季初黒星を喫し、無敗優勝を逃した。

 プレミアプレーオフは、16チームを4つのグループに分けてトーナメント戦を行い、計4チームの勝者に次年度プレミアリーグ参入の権利が与えられる。組み合わせ抽選会は10日に開催。1回戦は13日、2回戦は15日に広島で行われる。

【順位表】
1.矢板中央高(41)+14
2.横浜F・マリノスユース(29)+5
3.大宮アルディージャユース(28)+16
4.前橋育英高(28)+8
5.東京ヴェルディユース(23)+6
6.川崎フロンターレU-18(22)+1
7.桐生一高(22)-10
8.三菱養和SCユース(19)-5
9.桐光学園高(19)-17
10.山梨学院高(18)-18

【第18節】
(12月9日)
[(公財)三菱養和会 巣鴨スポーツセンターグラウンド]
三菱養和SCユース 1-1 桐光学園
[三]渡辺大貴(48分)
[桐]敷野智大(3分)


[前橋育英高高崎グラウンド]
前橋育英 4-0 矢板中央
※得点者は分かり次第更新

[山梨学院和戸サッカー場]
山梨学院 2-2 桐生一
[山]宮崎純真(53分)、萱沼航汰(90分+5)
[桐]細渕海(5分)、楠大樹(90分)


[等々力第1サッカー場]
川崎F U-18 3-0 東京Vユース
[川]山田新(5分)、宮代大聖(30分)、鈴木大登(87分)

[ニッパツ三ツ沢球技場]
横浜FMユース 1-0 大宮ユース
[横]椿直起(31分)


●2018高円宮杯プリンスリーグ特集

TOP