beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

順天堂大が危なげなく初戦突破、関大へのリベンジマッチへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

順大が大勝で初戦を突破した

[12.12 大学選手権1回戦 順天堂大4-0四国学院大 BMWス]

 第67回全国大学サッカー選手権(インカレ)の1回戦が12日に行われ、BMWスタジアムの第2試合では順天堂大(関東6)が四国学院大(四国1)を4-0で下した。15日の2回戦では関西大(関西3)と対戦する。

 まったく危なげのない勝利だった。堀池巧監督は「我々をリスペクトし過ぎてくれた」と謙遜したが、4-0というスコアもさることながら、それ以上の差を感じさせての快勝劇だった。

 立ち上がりからボールを保持し続けた。前半10分、同15分とエースFW旗手怜央(3年=静岡学園高)のシュートが枠に嫌われるなど、なかなか先制点を奪えずにいた順大だったが、同24分、CKの流れからDF村松航太(3年=清水ユース)が混戦の中を蹴り込む。そしてゴール前にいたMF大谷京平(2年=柏U-18)がコースを変えて先制に成功する。

 先制したことでさらに試合運びが楽になった順大は前半30分、前半の唯一のピンチを防いでカウンターを発動。旗手のパスで抜け出したMF長倉幹樹(1年=浦和ユース)が難なく決めて加点。同37分には旗手にもゴールが生まれ、前半だけで3点のリードを奪った。

 後半に入ると、四国学院大がやや盛り返したことでイーブンの展開になるが、ゴール前には運ばせない。そして後半35分には長倉がダメ押しとなる4点目を記録。「いろいろな選手を使いたかった」と交代枠の5人をすべて使い切った指揮官の思い通りの展開で、順大が初戦を突破した。

「外しまくったなという印象が強い。これからは決めきる勝負強さが求められてくる」。勝って兜の緒を締める堀池監督。確かに前半の旗手のシュート2本、後半にはDF上野瑶介(2年=JFAアカデミー福島)のヘッドとボレーがいずれも枠に嫌われるなど、得点のチャンスを逸し続けたが、トーナメント戦は何よりも勝つということが重要になってくる。

 次戦の相手は関西大に決定。順大にとっては昨年の準々決勝でPK負けを喫している相手。昨年度の試合は2度のリードを奪うなど、内容面では上回っていたが、勝負所で耐えきれずに、PK戦の末に敗れてしまう。まさに結果が求められることを実感した試合だった。

 堀池監督は「たぶん関大も嫌がっているだろうね」と不敵な笑みを浮かべて、リベンジマッチを歓迎。昨年は最後のPKを外して悔しい思いをした主将MF名古新太郎(4年=静岡学園高)も「勝つことだけを考えたい」と気合を入れ直す。一昨年は準々決勝で阪南大に2-0から逆転負けを喫するなど、近年の順大は関西勢に分が悪いというデータもあるが、そんなことは関係ない。「しっかり自分たちのサッカーを出来れば。決めきるところを決められれば」。今年は関大戦を必ず通過点にする。

(取材・文 児玉幸洋)
●第67回全日本大学選手権(インカレ)特集

TOP