beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

広島ユースが鹿島ユース撃破!“高校年代真の日本一”に!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

サンフレッチェ広島ユースが頂点に立った

[12.15 プレミアリーグファイナル 鹿島ユース 1-2 広島ユース 埼玉]

 広島ユースが“高校年代真の日本一”に! 15日、高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグ2018ファイナルが埼玉スタジアムで行われ、プレミアリーグEAST優勝の鹿島アントラーズユース(茨城)と同WEST優勝のサンフレッチェ広島ユース(広島)が激突。FW鮎川峻(2年)とMF大堀亮之介(3年)のゴールによって広島が2-1で勝ち、6年ぶり3回目の優勝を果たした。

 プレミアリーグEASTを13勝3分2敗で制した鹿島とWESTを11勝4分3敗で終え、最終節に優勝を決めた広島。“高校年代真の日本一”の座を懸けた一戦を鹿島は4-4-2システム、広島は3-6-1システムでそれぞれスタートした。

 鹿島はGKがAFC U-16選手権優勝メンバーの山田大樹(2年)、4バックは右SB結城将貴(3年)、CB増崎大虎(3年)、CB佐藤隆曉(3年)、左SB佐々木翔悟(3年、トップチーム昇格)。中盤は小沼樹輝(3年)と生井澤呼範(2年)のダブルボランチで右MFが熊田柊人(3年)、左MFが主将の前田泰良(3年)、そして有馬幸太郎(3年、トップチーム昇格)と赤塚ミカエル(3年)が2トップを組んだ。

 一方の広島はGKが佐藤海斗(3年)で3バックは中谷超太(3年)を中央に右が17年U-17ワールドカップメンバーの山崎大地(3年)で、左が鈴直樹(3年)。中盤は主将の松本大弥(3年、トップチーム昇格)と土肥航大(2年)がダブルボランチを組み、右WBが渡部快斗(3年)で左WBがAFC U-19選手権日本代表の東俊希(3年、トップチーム昇格)。そして桂陸人(3年)と大堀が2シャドーに入り、1トップは鮎川が務めた。

 前半はともに慎重な戦いに。鹿島は赤塚と有馬の2トップにボールを入れ、前田の仕掛けやクロスなども合わせてゴール前のシーンを作ろうとする。一方、広島は両ワイドへボールを運び、そこからのクロス、連係で先制点を狙った。

 16分には広島が左サイドからコンビネーションで仕掛け、東が左足クロス。鹿島GK山田のファインセーブに阻まれたものの、桂のヘディングシュートがゴールを捉える。一方の鹿島も前田が31分、ドリブルで持ち込み、左足を振り抜いた。

 互いにリーグ最少失点を誇る両チームは、スペースへのボールを的確に処理し、相手のシュートコースを塞ぐなど守りが堅く、なかなか均衡は破れなかった。それでも前半33分、広島がスコアを動かす。中央の松本が粘って左サイドへ展開。東がキックフェイントから切り返して右足でクロスを入れると、ファ―サイドの鮎川が狭いニア側へヘディングシュートを突き刺した。

 その後も松本のミドルなどで畳み掛けようとする広島は後半6分、右CKのこぼれ球を繋ぎ、最後は松本が右足シュート。これが鹿島DFのハンドを誘い、PKを獲得した。広島はキッカーの大堀がフェイントでGKを先に跳躍させてから、空いた左隅に右足シュート。これをしっかりと決め、2-0とした。

 2点ビハインドとなった鹿島は12分、熊田と生井澤に代えてMF柳町魁耀(1年)とFW杉山眞仁(2年)を投入。敵陣でのセットプレーを増やして反撃する鹿島は18分、小沼が左サイドから入れたFKをファーサイドの杉山が左足ダイレクトで合わせて1点差とした。
 
 互いに次の1点を狙い合う。特に鹿島は有馬の仕掛けや結城のカットインシュートなどで同点を目指す。だが、広島は3バックと両WB、そして残る中盤の4人が的確にスペースを消して鹿島の攻撃に対応。そして試合終盤の41分、鹿島は柳町に代えてDF沖田空(1年)、広島は鮎川に代えてDF大越寛人(3年)をそれぞれピッチへ送り出す。

 鹿島はさらに45分、有馬に代えてDF小針宏太郎(2年)を投入。広島も大堀をMF細谷航平(2年)へ交代した。アディショナルタイム、鹿島はFKやロングスローからゴールを目指し、杉山がヘディングシュートを放つシーンもあった。だが、GK佐藤中心に守る広島ゴールを破ることはできず。2年前のファイナル(当時チャンピオンシップ)で青森山田高に敗れていた広島が、今回は埼玉スタジアムで歓喜に舞った。

(取材・文 吉田太郎)
●2018高円宮杯プレミアリーグ特集

TOP