beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

途中出場シャキリが大仕事!リバプールがマンUに3発快勝、無敗街道を突き進む

このエントリーをはてなブックマークに追加

途中出場で2ゴールのシェルダン・シャキリ

[12.16 プレミアリーグ第17節 リバプール3-1マンチェスター・U]

 プレミアリーグは16日、第17節を行った。アンフィールドではリバプールマンチェスター・ユナイテッドが対戦し、リバプールが3-1で“ナショナルダービー”を制した。

 開幕から16戦無敗中のリバプールは、11日のUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)ナポリ戦から4人を変更。DFデヤン・ロブレンやDFナサニエル・クライン、MFファビーニョ、MFナビ・ケイタを起用した。対するユナイテッドは、12日の欧州CLバレンシア戦からFWロメル・ルカクを除く10人を入れ替え、指揮官との不仲が報じられているMFポール・ポグバはベンチスタートとなった。

 試合は、前線からのプレスで流れを掴んだリバプールが優勢に進める。すると、前半24分に先制。左サイドのスローインの流れからファビーニョが浮き球パスをPA中央へ送り、これに反応したMFサディオ・マネが胸トラップから左足ボレーを叩き込み、スコアを動かした。

 1点を追うユナイテッドは前半33分、MFジェシー・リンガードがルカクに預けてゴール前に上がると、左サイドからルカクが入れたクロスはGKアリソン・ベッカーに弾かれたが、こぼれ球をリンガードが押し込み、1-1。前半のうちに試合を振り出しに戻した。

 後半もリバプールがボールの主導権を握るが、ユナイテッドが耐え凌ぐ時間が続く。だが、リバプールが後半25分にMFシェルダン・シャキリを投入すると、3分後に勝ち越しゴールが生まれる。28分、左サイドのマネが中央へ仕掛け、相手をかわしてクロスを供給。GKダビド・デ・ヘアが弾いたボールをシャキリが右足で決め、2-1とした。

 さらにリバプールは後半35分、敵陣中央でパスを受けたシャキリがFWロベルト・フィルミーノにくさびのパスを入れ、フィルミーノの落としから左足一閃。DFエリック・バイリーに当たったシュートがゴール左隅に吸い込まれ、ダメを押した。

 試合は3-1でリバプールが快勝。プレミアリーグ公式サイトによると、リバプールのポゼッション率は64.3%、シュート本数はユナイテッドの6倍に当たる36本を放ち、ボールタッチ数(793本)、パス本数(562本)などでもユナイテッドを大きく上回り、勝利をおさめた。

●プレミアリーグ2018-19特集

TOP