beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

興國に通う“5選手”が「Jリーガー内定合同記者会見」でプロ1年目からの活躍や代表入り誓う

このエントリーをはてなブックマークに追加

興國高サッカー部からプロ入りするDF起海斗(山口内定、左端)、FW村田透馬(岐阜内定、左から2人目)、FW中川裕仁(愛媛内定、左から3人目)、そして興國在学中でC大阪U-18からプロ入りするDF石尾崚雅(金沢内定)

 興國高からJリーグクラブに加入する選手たちの「Jリーガー内定合同記者会見」が、18日に大阪市内の同校で行われた。会見には興國サッカー部からプロ入りするFW村田透馬(岐阜内定)、DF起海斗(山口内定)、FW中川裕仁(愛媛内定)の3選手に加え、興國在学中でC大阪U-18からプロ入りするDF石尾崚雅(金沢内定)が出席。プロでの意気込みを語った。

 草場葉子校長に続いて、マイクを握った内野智章監督は、「起は入ってきた時はFWで攻撃しかしない選手だったけど、1か月もしないうちにボールの持ち方と蹴る時のスイングが特徴で磨いていけばプロになれると思った。村田は中学の時に初めて見たら、物凄く足が速かったけど、下手くそだった。ただ、良い意味でヤンチャな子で力強さがあったので、入学時に『頑張ればプロになれるぞ』と話をした。中川はC大阪U-18から移り、ゼロからのスタートで辛いこともあったと思うけど、頑張って僕の出身チームに行ってくれるので感動している」と3選手のエピソードを紹介した。

 続いて、4選手と各チームの強化担当者が発言した。トップバッターを務めた起は「ファンやサポーターの皆様に愛される選手になり、将来は日本を代表するプレイヤーになります」と力強く宣言。山口の石原正康GMは、「『山口で成長したい、日本を代表するような選手になりたい』という想いを持った選手と(僕らは)一緒に戦いたい。僕らのクラブからJ1にステップアップした選手が何人もいる。彼にもそのような選手になってもらい、世界で活躍する左サイドバックになってもらいたい」とエールを送った。

「見ている人が楽しめるようなプレーをして、多くの得点が獲れる選手になりたい。将来は日本代表で活躍できる選手になります」。そう続けたのは特別指定選手として、すでにJ2で2試合に出場している村田。岐阜の高本詞史チーム統括部長は「大木(武)監督の下、2019年も攻撃的なサッカーを続けていきます。その中で村田選手には凄く期待している。1年目から試合に出るくらい強い気持ちを持って、攻撃の核になってもらいたい」と即戦力として活躍を寄せた。

 中川は「目標は1年目から試合に絡んでチームに貢献すること。頑張るので応援よろしくお願いします」とサポーターに向けて挨拶。児玉雄一強化部長は、「一緒に愛媛FCでプレーした内野監督が育てた中川クンを獲得することが出来て、大変喜ばしく思っています。彼のゴールに向かうプレーと左足のキックに関してはプロを凌ぐモノを持っている。1年目から出場機会を掴んで、勝利に貢献するゴールを期待している」と口にした。

 最後に「開幕からスタメンを勝ち取って、来年のU-20ワールドカップに出場出来るように頑張ります」と世代別代表入りを誓ったのは石尾。昨年は興國高から、MF島津頼盛を獲得している金沢の田端秀規強化部長は「J3で22試合出ている経験と対人の強さを評価した。また、高校生なのに落ち着いたプレーが出来ているので、(柳下正明)監督が即決で獲得しようと口にした。うちは若いチームで特にDFラインは20代前半の選手が多くスタメンに出ている。必ず来季から試合に出る選手だと期待している」と評した。

 U-19日本代表のブラジル遠征に参加しているため、欠席となったC大阪U-18のDF瀬古歩夢(C大阪内定)のビデオレターも会見で流された。「この3年間、興國高校で学んだことを今後のサッカー人生に活かしていけるように頑張ります。来季からトップチームの試合に多く関わって行けるように頑張るので、応援よろしくお願いします」。C大坂の野口裕司フットボールオペレーション部部長は、「瀬古選手は高さと強さを活かしたハードな守備が出来る。攻撃に関しても抜群のフィードを持っているので、凄く期待している。OBである香川(真司)選手や乾(貴士)選手、南野(拓実)選手に続く存在になると思っている」と発言した。

 興國高OBであるMF西村恭史(現・J1清水)と島津も出席した行われた会見後には、4選手の旅立ちを見守った在校生たちやサッカー部の選手と写真撮影も実施。これまでの活動を支えた家族との記念撮影も行われるなど、和やかな雰囲気で会見を終えた。

(取材・文 森田将義)

TOP