beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

インカレを戦い抜いた唯一のルーキー、駒澤大MF桧山「来年この舞台に戻ってこれるように」

このエントリーをはてなブックマークに追加

決勝戦に先発したルーキー・駒澤大DF桧山悠也(右)

[12.22 インカレ決勝 法政大1-0駒澤大 浦和駒場]

 今大会で決勝の舞台に上がった唯一のルーキー・駒澤大DF桧山悠也(1年=市立船橋高)。2回戦から決勝戦まですべての試合で先発し、左サイドバックとして攻守に動き続けた。

 自身の持ち味を守備力と位置付ける桧山は、準決勝・大阪体育大戦でも試合終了直前にゴールライン上からヘディングクリアをしてチームを救う。指揮官からも「真面目で一生懸命。謙虚で向上心を持っている」と評価を受けるルーキーだが、初年度から全国制覇は成し遂げられなかった。

 桧山は決勝で法大のMF紺野和也(3年=武南高)と対峙。大会ベストMFにも輝いたスピードスターとのマッチアップは苦戦を強いられ、「自分のところで止めたいと感じていたけど、後手を踏んでしまって抜かれるシーンが多かった」と唇を噛む。

 後半33分には途中交代となり、大学初年度の挑戦は終わった。「1年生でこの舞台に立てた」とルーキーは振り返る。「(インカレでは)今の4年生が高い意識を持って常に取り組んでくれて、自分は貢献できたというより、それに乗っかるしかできなかった」。大学サッカー界の1年生として、今シーズン最後まで戦い続けたのは桧山だけ。しかし、まだ来年があるという余裕はない。「この悔しさを忘れずに、来年はこの舞台に戻ってこれるように。個人でもレベルアップしないといけない」と、その顔つきからルーキーらしさは消えていた。

(取材・文 石川祐介)
●第67回全日本大学選手権(インカレ)特集

TOP