beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

酒井宏フル出場も…マルセイユは公式戦6戦未勝利で18年日程を終える

このエントリーをはてなブックマークに追加

酒井は右サイドバックで先発

[12.22 リーグアン第19節 アンジェ1-1マルセイユ]

 フランス・リーグアンは22日に第19節を行い、日本代表DF酒井宏樹所属のマルセイユは敵地でアンジェと対戦して1-1のドロー。公式戦6試合未勝利となった。酒井は右サイドバックでフル出場している。

 アンジェは前半18分、MFピエリック・カペルが中盤から地を這うロングシュートを放つと、ゴール右ポストを直撃。一方、マルセイユも同33分、酒井が右サイドから攻め上がり、PA右から折り返すが相手DFのブロックに遭う。ボールを奪われるが、酒井はすかさずチェイシング。ファウルで相手の反撃を食い止めた。

 アンジェは前半36分、DFアブドゥライェ・バンバが右サイドからクロスを上げ、FWステファーネ・バホケンが頭で合わせて先制に成功する。マルセイユは前半を0-1とリードされて折り返すと、後半も相手にペースを奪われて攻勢に遭った。

 すると、マルセイユは後半39分に同点に追いつく。MFフロリアン・トバンが得意のドリブルからPA右に入り込み、右足クロスをDFブナ・サールが頭で合わせた。その後は相手ゴールに迫るものの、追加点は奪えず1-1で試合終了。マルセイユは公式戦6試合未勝利で、2018年の試合を終えた。

●フランス・リーグアン2018-19特集

TOP