beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

レバークーゼンが監督解任を発表!後任は元ドルトムント指揮官に

このエントリーをはてなブックマークに追加

ピーター・ボス氏がレバークーゼンの新監督に

 レバークーゼンは23日、ハイコ・ヘルリッヒ監督(47)の解任と、ピーター・ボス氏(55)の招聘を発表した。契約期間は2019年1月4日から2020年6月30日まで。

 ヘルリッヒ監督は、昨季レバークーゼンの監督に就任。15勝10分9敗の5位でフィニッシュしたが、今季は開幕3連敗でスタートに出遅れると、前半戦を終えた時点で7勝3分7敗の9位に低迷していた。

 新監督に就任するボス氏は、2017年夏からドルトムントを率いていたが、同年12月10日に解任され、その後1年間フリーとなっていた。

●ブンデスリーガ2018-19特集

TOP