beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「プレミア歴代最高DFにも…」ファン・ダイクはテリー、リオ、ビディッチのいいとこ取り? 元英代表MFが主張

このエントリーをはてなブックマークに追加

リバプールDFフィルヒル・ファン・ダイク

 現役時代にリバプールなどで活躍した元イングランド代表MFジェイミー・レドナップ氏が、同クラブのオランダ代表DFフィルヒル・ファン・ダイクを絶賛した。

 ファン・ダイクは今年1月にサウサンプトンから7500万ポンド(現在のレートで約105億円)という巨額の移籍金でリバプール入り。加入当初はフィットに苦しんだものの、今シーズンは開幕からハイパフォーマンスを披露し、ここまでリーグ戦15勝3分無敗のリバプールにとって欠かすことができない選手となっている。

 レドナップ氏はファン・ダイクについて、「ジョン・テリー、リオ・ファーディナンド、ネマニャ・ビディッチは、プレミアリーグ史上でも最高と言える選手たちだ。ファン・ダイクは、彼ら3人(の良い部分)をひとまとめにしたような選手だよ」と絶賛。以下のように理由を説明した。

「ファン・ダイクはテリーのように試合を読むことができるし、リオのようなスピード、そして足下の技術とロングフィードを備えている。ビディッチほどのアグレッシブさはないかもしれないが、同じような戦士のスピリットを持っている。空中戦にも強く、素晴らしいリーダーでもある」

 そしてレドナップ氏は、「彼が今のレベルのプレーを続けることができれば、プレミアリーグ史上最高のDFになることができる資質を有している」と続け、「リバプールが今シーズン、(大きな)タイトルを獲得するならば、ファン・ダイクは最も負傷離脱することができない選手だ」と主張。リバプールにおいて最重要選手の一人であるとの見解を示した。

 現在、リバプールは2位のマンチェスター・シティを4ポイント離して首位を快走中。26日にホームでニューカッスルと対戦した後、29日にアーセナル(ホーム)、そして新年1月3日にはマンチェスター・C(アウェー)との大一番が控えている。

●プレミアリーグ2018-19特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP