beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

琉球DF瀧澤が水戸へ完全移籍「生まれ育った地元・茨城で…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

水戸への移籍が決まった琉球DF瀧澤修平

 水戸ホーリーホックは25日、FC琉球DF瀧澤修平(25)を完全移籍で獲得したと発表した。茨城県取手市出身の同選手は地元凱旋となる。

 東洋大出身の田中は17年、琉球に加入。2年間でJ3リーグ戦77試合に出場し、初のJ2昇格に大きく貢献していた。同選手は水戸の公式サイトを通じて「生まれ育った地元・茨城でプレーできることに喜びを感じています。チームのため、茨城を盛り上げるため強い覚悟を持って戦います。よろしくお願いします」とコメント。

 琉球の公式サイトでは「どこにも行くところがなかった僕を拾ってくれて、プロ生活のスタートから本当に充実した3年間を過ごさせてくれたFC琉球には感謝しかありません。より成長するために新たな環境でチャレンジすることを選びました。サポーターの皆さんと共にJ3優勝という歴史的瞬間を共有できたことは一生の思い出、財産です。沖縄が大好きになりました。琉球に関わる全ての皆様本当にありがとうございました」と別れの言葉を述べている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●2018年Jリーグ移籍情報

TOP