beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

名古屋DF内田健太が完全移籍で甲府へ「豊田スタでゴールを決められたことはいい思い出」

このエントリーをはてなブックマークに追加

名古屋DF内田健太が甲府に完全移籍

 ヴァンフォーレ甲府は26日、名古屋グランパスからDF内田健太(29)が完全移籍で加入することを発表した。また、今季途中に期限付き移籍していた山形からも同日、移籍期間の満了が発表されている。

 内田は広島ユースから2008年にトップチームへと昇格。愛媛FC、清水、富山などでもプレーし、昨季に名古屋へ加入した。今年7月からは山形に期限付き移籍し、J2リーグ戦9試合に出場している。甲府のクラブ公式サイトを通じ、「多くの勝利に貢献できるようしっかり闘いたいと思います」と挨拶した。

 また、名古屋に向けては「僕に夢を与えてくれた地元に一番近い名古屋グランパスでプレーできたことを嬉しく思います。満足いくものではありませんでしたが、名古屋での経験をこれからに活かしていきたいと思います。憧れた豊田スタジアムでゴールを決められたことはいい思い出です。本当にありがとうございました」と感謝を語った。

以下、クラブ発表プロフィール

●DF内田健太
(うちだ・けんた)
■生年月日
1989年10月2日(29歳)
■身長/体重
178cm/69kg
■利き足

■出身地
三重県
■経歴
四日市中央FC-広島ユース-広島-愛媛-広島-愛媛-広島-愛媛-広島-愛媛-清水-富山-清水-愛媛-清水-愛媛-名古屋-山形-名古屋
■代表歴
U-18日本代表(2007年)
U-20日本代表(2009年)
■出場歴
J1リーグ:9試合1得点
J2リーグ:200試合17得点
カップ戦:7試合2得点
天皇杯:13試合3得点

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●2019年Jリーグ移籍情報

TOP