beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ベルギー日本人対決は豊川に軍配! 植田4戦連続フル出場のセルクル・ブルージュは2連敗

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW豊川雄太とDF植田直通は揃って先発出場した

[12.26 ベルギー・リーグ第21節 セルクル・ブルージュ0-1オイペン]

 ベルギー・リーグ第21節が26日に行われ、DF植田直通の所属する9位セルクル・ブルージュはホームでFW豊川雄太所属の11位オイペンと対戦し、0-1で敗れた。植田は4試合連続で先発フル出場。5試合連続スタメンの豊川は後半45分までプレーした。

 アウェーのオイペンは前半17分、後方からのロングボールにMFママドゥ・ファルが反応すると、DFやGKともつれながらも右足を伸ばして流し込み、先制に成功する。

 前半22分には右サイドのFKから、MFルイス・ガルシアのクロスにニアの豊川が右足のボレーで合わせるも、枠に飛ばせず。

 後半45分に豊川がFWサミュエル・エサンドとの交代で退くと、オイペンはそのまま1-0で逃げ切り、2試合ぶりの白星。一方、植田がフル出場したセルクル・ブルージュは2連敗となった。

●海外組ガイド
●ベルギー・リーグ2018-19特集

TOP