beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

レスターがチェルシー戦に続いて強豪撃破!王者シティは逆転負けで今季初の2連敗に…

このエントリーをはてなブックマークに追加

同点ゴールを決めたマーク・オルブライトン

[12.26 プレミアリーグ第19節 レスター・シティ2-1マンチェスター・C]

 プレミアリーグは26日、第19節を行った。FW岡崎慎司の所属するレスター・シティはホームでマンチェスター・シティと対戦し、2-1で勝利した。岡崎は後半43分から途中出場している。

 前節チェルシーを1-0で下し、連敗を止めたレスター。スタメンは同じ11人を送り出し、決勝点を決めたFWジェイミー・バーディやDFハリー・マグワイアらが起用された。対するシティは2-3で敗れたクリスタル・パレス戦から3人を変更。DFダニーロとMFケビン・デ・ブルイネ、FWセルヒオ・アグエロが先発に名を連ねた。

 試合はシティが主導権を握りながらも、レスターが得意のカウンターからチャンスを狙うという展開に。そんな中、スコアが動いたのは前半14分だった。シティはDFアイメリック・ラポルトが運んでくさびのパスを入れると、アグエロがトラップから相手の裏へスルーパス。完全に抜け出したMFベルナルド・シウバが左足で決め、シティが先制した。

 だが、レスターがすぐさま反撃。左サイドに流れてパスを受けたバーディがPA左角から右足でクロスを入れる。これをMFマーク・オルブライトンが頭でGKエデルソンの逆を突くゴール左隅に流し込み、1-1。レスターが試合を振り出しに戻した。

 その後は、1-1のまま推移。互いにチャンスを生かせない状況が続いたが、後半36分に均衡が破れる。右CKを獲得したレスターは、オルブライトンが右足でクロスを入れると、ニアにMFリロイ・サネにクリアされたが、これをPA右手前で受けたDFリカルド・ペレイラが右足一閃。抑えの効いたシュートがゴールネットに突き刺さり、レスターが2-1と逆転に成功した。

 焦るシティは後半44分、ペレイラへのスライディングタックルの際に、スパイクの膝裏に入り、MFファビアン・デルフが一発退場。1人少ない状況で追いつくことができず、そのままタイムアップを迎えた。敗れたシティは、今季初のリーグ戦2連敗。直近4試合で1勝3敗となった。

●プレミアリーグ2018-19特集
●海外組ガイド

TOP