beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

“和製アンリ”伊藤翔、アジア王者・鹿島への移籍決定!横浜FMへ「頑張ってきます」と挨拶

このエントリーをはてなブックマークに追加

伊藤翔が鹿島に完全移籍

 鹿島アントラーズは27日、横浜F・マリノスよりFW伊藤翔(30)が完全移籍で加入することを発表した。

 “和製アンリ”こと伊藤は、中京大中京高を卒業後、フランスのグルノーブルに移籍。2010年6月に清水に加入すると、2014年から横浜FMに活躍の場を移した。今季はJ1リーグ26試合で8得点を記録。ルヴァン杯でも9試合で8ゴールを奪った。

 アジア王者への移籍に際して伊藤は「アジアチャンピオンクラブに加入でき、非常に光栄に思っています。タイトル獲得の力になれるよう身を粉にして頑張りたいと思います。よろしくお願いします」と気持ちを新たにした。

 また、5シーズン在籍した横浜FMを通じては「マリノスに関わる全てのみなさん、ありがとうございました。お世話になりました。今年は厳しいシーズンになってしまい申し訳ありませんでした。また、タイトルまであと一歩というところで掴み取る事ができなかったのも悔いしか残っていません」と語ると、「ネガティブな感覚になった事もありましたが、その度にサポーター、選手、強化部、スタッフに助けられ、 マリノスで充実した時間を過ごすことができました。マリノスは大好きなクラブでしたが、サッカー選手として、人間として、さらに成長するためにこの決断に至りました。リリースだけではなかなか全部を伝えられませんが、この決断を尊重してくれた強化部、選手、スタッフには感謝しています。頑張ってきます」と挨拶した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●2019年Jリーグ移籍情報

TOP