beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

先輩青木超え完全視界!!FC東京U-15深川エース野澤が4戦8発で決勝へ「必ず優勝するという気持ちで」

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW野澤零温が得点王へまっしぐら

[12.27 高円宮杯U-15準決勝 川崎F U-15 1-4 FC東京U-15深川 味フィ西]

 FC東京U-15深川が2年連続の決勝のピッチに進む。原動力となっているのはたFW野澤零温(れおん、3年)だ。

 1回戦のC大阪西U-15戦で1得点を決めると、続く湘日章学園中との2回戦ではハットトリックの活躍。湘南U-15との準々決勝では、後半アディショナルタイムの劇的決勝弾を含む2得点。そして準決勝の川崎F U-15戦でも2ゴールを決めて、大会8得点と堂々得点王に立っている。

 先輩超えが目標だ。昨年度の大会、深川のエースだったFW青木友佑(現FC東京ユース)が5試合全てで得点して9得点で得点王を獲得。野澤自身も「それは必ず超えないといけない」と十分に意識する数字。必ず超えて、そして優勝という完全先輩超えを十分に射程に入れている。

「去年はチームに帯同させてもらっていたけど、準優勝で終わってしまった。必ず優勝するという気持ちで1年間サッカーをやってきた。全員で一つになって、カップを掲げられたらいい。明日は決勝に相応しい、熱い試合になると思う。自分も点を取って、必ずチームに貢献したいなと思います」

 今年に入り、U-15日本代表に選出。この日は同代表の森山佳郎監督が見守る前でしっかりとアピールに成功した。「この前のフランス遠征でいいプレーが出来なくてアピールできなかったので、この大会で見返してやろうとは思っていた」と鼻息を荒くする野澤。「彼が点を取って勝つということは理想的」と太田匡人監督も期待するスピードスターが、深川の4年ぶり3度目となる日本一をもたらす。

(取材・文 児玉幸洋)

TOP