beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

FC東京深川に完敗…川崎F U-15は3バック変更が裏目に

このエントリーをはてなブックマークに追加

川崎F U-15は3位で大会を終えた

[12.27 高円宮杯U-15準決勝 川崎F U-15 1-4 FC東京U-15深川 味フィ西]

 川崎フロンターレU-15は3位に終わった。準々決勝の青森山田中戦では2点ビハインドを跳ね返す粘り強さを見せていたが、FC東京U-15深川の前に力負けした。

 戦術変更が裏目に出た。1点の先行を許したことで、長橋康弘監督は、DF田鎖勇作(3年)に前に出るように指示。「悪い癖で負けていてもショートパスで自陣で繋いでというところがあった」と、3バックに変更して攻撃意識を高めた。

 しかしこれが逆に相手を勢いづかせた。敵将の太田匡人監督も「CBが前に出てきてやりやすくなった」と振り返ったほど。4失点と巻き返すことのできない点差に広げられた。

 ただし一方で3得点に絡んだFW野澤零温(3年)とFW茂木秀人イファインの強力2トップについては、「奪われた背後のスペースは常にリスク管理をしようと話していたが、対応しきれなかった」と素直に脱帽。「(青森山田戦で)0-2からひっくり返せたことで自信はあったと思うけど、それを上回る東京さんの力があった」と完敗を認めていた。

(取材・文 児玉幸洋)

TOP