beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

左足シュートをことごとくブロック。大津CB福島主将が注目FW西川を無得点に封じる

このエントリーをはてなブックマークに追加

大津高CB福島隼斗主将(左)は桐光学園高のFW西川潤のシュートをことごとくブロックしていた。(写真協力=高校サッカー年鑑)

[PUMA ピックアッププレーヤー]
[12.31 選手権1回戦 桐光学園高 0-5 大津高 ニッパ球]

 グローバルスポーツブランドのプーマは、第97回全国高校サッカー選手権大会をサポートしている。サッカースパイク『FUTURE(フューチャー)』と『PUMA ONE(プーマワン)』、プーマユニフォームを着用する選手の中から注目選手を「PUMAピックアッププレーヤー」として紹介する。

 大津リードで迎えた後半、桐光学園高のU-19日本代表FW西川潤(2年)は仕掛けからシュートにまで持ち込んでいた。8分には左サイドからボールを受けると、左足シュート。これを大津高CB福島隼斗主将(3年、湘南内定)は正面に入ってブロックする。西川はこぼれ球を拾って左足で狙ったが、福島はこれもブロックして枠にシュートを飛ばさなかった。

 西川はその後も3本、4本とシュートを狙ってきていたが、それをことごとく福島がブロックしていた。「狙えたら狙うんですけれども、何本か取れなかった。それでも、シュートのところで当てようと思っていました。1本(西川が)左に流れていって、シュートが自分に当たったんですけれども、あれは常にイメージしていた形だったので良かったです」。

 福島は常に“危険人物”の西川の存在を頭に置きながらプレー。ボールを受けさせてしまった時は距離をとって対応し、最後のところで思い切り寄せてシュートブロックしていた。チームメートのCB吉村仁志(3年)は「隼斗が『バチバチで西川やる』と言っていたので、そこは隼斗を信頼して、あと後ろのカバーだったり、トミ(富永大翔、3年)と話しながらやっていた」と振り返っていたが、福島はその信頼やサポートに応えてマッチアップが注目された西川に1得点も与えなかった。

 それでも、福島は“やられた”1回を悔しがる。32分には潰しに行ったところをターンでかわされ、置き去りにされた。それは味方のカバーもあって失点には繋がらなかったが、プレーが止まった瞬間、福島は悔しさを露わに。「簡単にターンされたので悔しい思いの方が大きかったです」。この日は快勝したが、その1回が試合を決めることもありうる。それだけに福島には満足感が全く見られなかった。

 大会中にも進化してプロのステージへ。試合後には来季加入する湘南のチョウ・キジェ監督から激励を受けていた。チョウ監督は「大きく伸びてほしい選手」と期待。高校トップレベルからプロのステージで活躍することを期待されるCBは、課題も改善しながら今大会でまだまだ進化を遂げて、プロの世界に飛び込む。

▼選手権を戦う選手が着用するプーマスパイク『フューチャー』『プーマワン』の詳細はこちら
▼プーマフットボール公式インスタグラムアカウントはこちら

(取材・文 吉田太郎、取材協力 プーマ ジャパン)

●【特設】高校選手権2018

TOP