beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

昌子のフランス移籍に酒井宏樹も刺激…川島含め「中間地点で会いたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

DF昌子源のフランス移籍を喜んだ日本代表DF酒井宏樹(マルセイユ)

 鹿島アントラーズDF昌子源のフランス・トゥールーズ移籍が発表された29日、すでにリーグ・アンで3シーズン目を迎えている日本代表DF酒井宏樹(マルセイユ)が取材に応じ、「日本人が来てくれるのは嬉しいし、刺激になる」と前向きに語った。

 前日に合流した酒井は29日、合宿4日目のトレーニングでフルメニューを消化。9対9のミニゲームでは激しいスライディングでボールをカットするなど、良好なコンディションをうかがわせていた。同日には昌子の移籍が決まったこともあり、唯一フランスでプレーする酒井に報道陣の質問が寄せられた。

 26日に行われたDF槙野智章の結婚式の場で正式に知らされたという酒井は「早く試合に出てほしい」と対戦を楽しみにしている様子。マルセイユと同じ南部のトゥールーズには行ったことがないそうだが、同じ国内でプレーするGK川島永嗣(ストラスブール)も含めて「中間地点で会いたいです」と笑顔で述べていた。

(取材・文 竹内達也)
●アジアカップ2019特設ページ

TOP