beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

尚志が接戦制して2回戦へ! 終盤失点からPK戦も…GK鈴木の好セーブで神村学園を下す

このエントリーをはてなブックマークに追加

尚志がPK戦を制した

[12.31 全国高校選手権1回戦 尚志1-1(PK5-3)神村学園 NACK]

 第97回全国高校サッカー選手権は31日に1回戦を行った。NACK5スタジアム大宮の第2試合では尚志高(福島)と神村学園高(鹿児島)が対戦し、尚志が1-1のPK戦の末に、5-3で勝利した。尚志は来年1月2日、浦和駒場スタジアムで東福岡高(福岡)と対戦する。

 前半は互いに拮抗状態。尚志は前半34分、中盤のMF大川健(3年)からFW二瓶由嵩(3年)を経由し、前線のFW染野唯月(2年)にパスを通す。染野はPA左からシュートを放つが、GK坂ノ下陸(3年)にセーブされる。神村学園も直後にカウンターを仕掛け、MF和田駿斗(3年)が得意のドリブル突破をみせるも、相手陣地でボールを奪われた。

 尚志は前半36分にMF菅井泰祥(3年)に代えてMF加瀬直輝(3年)を投入。前半を0-0で折り返すと、後半7分にもMF吉田泰授(3年)に代え、プリンスリーグ得点王のFW伊藤綾汰(3年)をピッチに送り込んだ。

 交代策について、尚志の仲村浩二監督は「選手が後半に強いので、いつも通り後半勝負」とコメント。その言葉通りに“背番号10”の伊藤がピッチに入ると、尚志は勢いを増していく。

 尚志は後半14分、MF坂下健将(3年)のパスを受けた伊藤がPA手前から右足シュートを放ち、GK坂ノ下のセーブによって右CKを獲得する。すると、直後に待望の先制点。DF沼田皇海(3年)が右CKをPA中央に蹴り込むと、GK坂ノ下がキャッチするもボールを落としてしまい、伊藤がすかさずゴールに押し込んだ。

 リードした尚志は、伊藤を軸に攻勢に出る。神村学園は終盤まで防戦一方の中、後半39分にPA手前でファウルを受けてFKを獲得。すると最後のチャンスが結実する。キッカーのDF隈元聖也(3年)が鋭く右足を振り抜くと、ボールはゴール左に吸い込まれ、終了間際に神村学園が1-1と同点にした。

 80分で決着がつかないとPK戦となる。仲本監督は「PKのトレーニングだと彼は本当に止める。それくらい自信を持って送れる選手」であるGK鈴木康洋(2年)を、PK戦に備えて途中出場させていく。

 この交代策が的中。神村学園は2人目・隈元がゴール左に蹴ると、鈴木が期待に応えるスーパーセーブ。その後尚志は全員がゴールを決め、PK戦を5-3で制した。

 今季躍進の尚志はプリンスリーグ東北で優勝し、プレミアリーグプレーオフも勝ち抜いて2011年以来の昇格を達成。指揮官は「プレミアを勝ち取ってチームとしての勝負強さがついてきた」と手応えを掴んでいる。「本当に粘り強く、一戦一戦良いチームになった」という“福島の雄”は次戦で強豪・東福岡と対戦。「強い気持ちを持てということと、負けたら全部スタッフの責任だから」とプレッシャーをかけずに、1月2日の大一番に臨む。

(取材・文 石川祐介)

●【特設】高校選手権2018

TOP