beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

3年連続選手権出場の米子北MF佐野海舟の誓い「自分が先頭に…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

佐野海舟(3年)が貪欲に上位を狙う(写真協力『高校サッカー年鑑』)

[12.31 全国高校選手権1回戦 国士舘0-1米子北 駒沢]

 3大会連続で選手権初戦を突破した米子北高(鳥取)。その足跡はMF佐野海舟(3年)の高校生活にそのまま重なる。前回大会では優秀選手にも入り、プロからも熱視線を浴びる逸材。1年生からレギュラーで出場してきたチームの“顔”が最後の選手権にかける思いは強い。

「全国の舞台はそう多く経験できるものではありません。これが最後だと、悔いの残らないようにプレーしようと。そして今大会はみんなのおかげでピッチに立てているので、その思いも抱えてプレーしました」

 ボランチの位置で攻守の流れを正確に見極め、守備では抑えるところを抑える。そしてボールを持って前を向けば、正確なパスでチャンスを演出する。プレー判断の正確さ、選択肢の多さが国士舘高(東京A)に的を絞らせず、米子北が主導権を握る役割を充分に果たした。止める、蹴る、走るのはもちろんのこと、ポジショニングからは読みの鋭さが、視野の広さからは冷静さを感じ取ることができる、玄人受けするタイプのプレイヤーだ。

 しかし、胸に秘めているものは熱い。「1年前、この駒沢で負けたことは一昨日来た時に頭をよぎりました。この1年間、プレミアリーグで苦戦したりと結果はついてきませんでした。でも、できることとできないことがはっきりして課題が分かった。その課題を克服できる最後のチャンスがこの選手権です。1年間がんばってきたことを出したいです」と、この大会への意気込みを語った。

 1年生時から、プレミアリーグに総体、全国トップの舞台を数々経験してきた。しかし、選手権の舞台はやはり特別なのだという。

「1年生から出させていただいていて。でも1年の時は観客の数も雰囲気もこれまでやったことのない中でのプレーで、3年生に頼ってばかりで緊張もあり、自分らしいプレーはできませんでした。2年生の時は自分が先頭になって引っ張っていこうと思いましたが、出し切れず。そして3年生となった今回は自分が先頭になって、中心になってやってやる、と。米子北には選手権に出たくて来ました。その大切な場所で出し切りたいんです」

 その意気込みを体現したと言っていい初戦のプレーだったが「できたとは思います。でもまだまだです」。今大会の佐野は貪欲だ。

(取材・文/伊藤亮)
●【特設】高校選手権2018

TOP