beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

旭川実、PK失敗も2発完封で和歌山北を撃破!2年連続新潟県勢との“リベンジマッチ”へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

旭川実(北海道)が初戦を突破した(写真協力『高校サッカー年鑑』)

[12.31 全国高校選手権2回戦 旭川実2-0和歌山北 駒場]

 第97回全国高校サッカー選手権は31日、1回戦を行い、浦和駒場スタジアムの第2試合は旭川実(北海道)が和歌山北(和歌山)を2-0で下し、2年連続で初戦を突破した。来年1月2日の2回戦では帝京長岡(新潟)と対戦する。

 旭川実は4-4-2の布陣を採用し、富居徹雄監督はFW安藤望(1年)を先発に抜擢。FW西村歩夢(3年)との2トップを形成した1年生アタッカーは前半16分、縦に仕掛けてPA内に進入したところで倒され、PKを獲得。キッカーは10番西村。しかし、右足で狙ったキックはコースを読んだGK得津颯志に止められてしまった。

 絶好の先制機を逸したが、昨年度のレギュラー5人が各ポジションに残る旭川実は崩れず、前半33分に先制に成功した。MF飯野敬太(3年)の左クロスを受けた西村が競ると、安藤が巧みなヒールで落とし、MF山内陸(3年)が強烈な左足ショットをゴール左上に突き刺した。

 1点ビハインドとなった和歌山北はカウンターからFW楠見歩希(3年)とFW桂梨恩(3年)の2トップがゴールに迫る。前半36分にはMF田村凌我(3年)が仕掛けてエリア内に進入し、シュートを放ったが、これはGK小竹唯貴(2年)の好セーブに阻まれた。

 旭川実は1-0で突入した後半もボールを握って攻め込んだが、191cmの大型GK得津が落ち着いたキャッチングを繰り返し、ファインセーブを見せる。後半12分、PA内左の西村が至近距離から決定的なシュートを打ったが、GK得津が冷静に阻んだ。

 それでも、次の1点も旭川実が奪った。後半20分、右サイド高い位置からFW谷口明典(3年)がロングスローを投げ入れると、ニアサイドの山内が反応。反転して体勢を崩しながら左足シュートを押し込み、2点差にリードを広げた。

 旭川実は後半28分にもGK得津のスーパーセーブに阻まれ、追加点こそ奪えなかったが、DF西川知広(3年)を中心とした守備陣も最後まで隙を見せず、2-0で完封勝利。5人の交代枠使い、危なげなく初戦を突破した。しかし、3年連続7度目の出場とあって、富居徹雄監督は「出たことで満足が出来る回数でもなくなってきている」と道代表としてのプライドをにじませ、「攻守のバランスが悪かった」と課題を口にした。

 2回戦で対戦となるのは卓越した技術を誇る帝京長岡。前回大会は2回戦で同じく新潟県勢の日本文理高に敗れているだけに、雪辱の舞台となる。富居監督は「巧いし、強い。この4〜5年強さを維持している。胸を借りるつもりで頑張りたいと思います」と次戦を見据えた。

(取材・文 佐藤亜希子)

●【特設】高校選手権2018

TOP