beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

中町公祐がアフリカ移籍を宣言…横浜FMと契約更新せず「新たなる挑戦にトライしたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

中町公祐がアフリカ移籍を宣言

 横浜F・マリノスは2日、契約更新を目指して交渉をしていたMF中町公祐(33)と双方合意のもとで契約更新をしないことを発表した。

 中町のインスタグラム(@kosuke.machi)によると、契約満了に伴い、クラブから2年延長のオファーがあったという。「とても愛情を感じます」と中町は感謝しながらも、「これまでのマリノスは少なからず、OBやクラブ貢献者に対しての別れ方が上手くなかったように思います。その都度様々な要因があったことは計り知れますが。。ただ今回自分も感じたように、マリノスは良い意味で変化しています」と、若手に道を譲るべきと考えた。

 そのうえで「2019シーズンより、アフリカのチームに移籍をします!!そう、アフリカ大陸のアフリカです(笑)ザンビアという国です。というか移籍する予定です」と新天地を明かした。しかし、まだ契約は締結していない模様。その契約がどうなるか未知数な部分も多いという。そのため、横浜FMにギリギリまで待ってもらったが、「チーム編成上リミットはあって」、契約満了により退団することになった。

 2013年から大学の同級生が代表を務めるNPO法人を通じてサッカーボールを送る活動を行っていた中町は、「プロサッカー選手中町公祐にやれることはなにか」と考え、「この移籍で日本とアフリカを繋ぎたい。自分がサッカー選手であることの意味を最大限考えた中で下した決断です!」と理由を説明した。

「1人の日本人選手として行きますよ。1人の日本人選手として行きますけど、、勝手にマリノスを背負って行きますよ。それぐらい自分にとってマリノスは大きいクラブだから。特別なクラブだから。いつでもマリノスファミリーとしてマリノスに関わる人達が自分のことを応援してくれてると思ったら、どれだけ遠くても、思うように事が運ばなくても、頑張れる様な気がするんです!その愛情をこの7年間で感じましたから!」

 そして、最後に「沢山の方に出会い支えられ、かけがえのない仲間や一生の付き合いになるであろう友人達にも出会いました。この移籍を支援して頂く企業様もいます。皆様の力を借りながら、自分の可能性を信じ、新たなる挑戦にトライしたいと思います!」と綴った。

 2012年にアビスパ福岡から横浜FMに加入した中町は、2013シーズンにはJリーグ優秀選手賞を受賞するなど、長きにわたって横浜FMを支えてきた。だが、今季はアンジェ・ポステコグルー体制のもと、出場機会が減少。リーグ16試合1ゴールを記録した。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●2019年Jリーグ移籍情報

TOP