beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

昨年度と同カード対決…星稜が明秀日立に雪辱を晴らす

このエントリーをはてなブックマークに追加

後半ATでの得点に星稜応援席は熱狂した(写真協力『高校サッカー年鑑』)

[1.2 全国高校選手権2回戦 明秀日立0-1星稜 柏の葉]

 第97回全国高校サッカー選手権2回戦、県立柏の葉公園総合競技場では明秀日立高(茨城)と星稜高(石川)が対戦し、星稜が3回戦へ。明日3日に流通経済大柏高(千葉)と激突する。

 12月31日の1回戦終了後、明秀日立との対戦が決まった星稜の河崎護監督は、自らを「チャレンジャー」と称した。昨年度の選手権2回戦、星稜は明秀日立に0-1で敗れて大会を後にしていたからだ。

 先発こそ両チームとも1回戦と同じ11人が並んだが、いざ試合が始まると戦い方を変えてきたのは星稜だった。2人だけでフィニッシュまで持ち込める明秀日立の2トップ、FW津村夢人(3年)とFW二瓶優大(3年)に対して、1回戦はボランチだったDF桶作拓海(2年)を最終ラインに下げて5バックで対抗。「センターバック2枚では抑えきれない」という河崎監督の采配だった。

 結果的にこの作戦が奏功する。1回戦は2トップで7本のシュートを放ち、二瓶が決勝点を奪っていたが、星稜戦では津村と二瓶が1本ずつに抑え込まれた。

 後ろに重くなった星稜だが、「チームで一番走る」(河崎監督)というMF中村日向(2年)を1ボランチに置き、素早い攻守の切り替えは変わらない。アタッキングサードでボールを奪われてもすぐさま奪い返し、2次攻撃へとつなげる場面が目立った。

 明秀日立は前半13分、FW岩岸宗志(3年)に決定的なシュートを撃たれたが、GK木村謙一(3年)がファインセーブでしのぎ得点を許さず。34分にはMF及川央泰(3年)がドリブルでペナルティエリアに進入、ゴール前でこぼれ球になったところを津村がつめたが、星稜守備陣のシュートブロックにあい得点は動かない。

 しかし、前半終了間際に星稜がチャンスをつかむ。岩岸がペナルティエリア内で倒され、PKを獲得。岩岸自らがキッカーを務めたが、今夏のインターハイで5本のPKをストップしているGK木村がビッグセーブでしのぎ、スコアレスで前半は終わった。

 後半の中盤以降は疲れも見え始め、互いに攻撃が単調になるも、両軍とも守備陣は崩れず。前線の選手を新たにピッチに送り込んだが、決勝点の起点となったのは、途中出場の1年生、MF川本虎太郎だった。後半アディショナルタイム3分、川本が右サイドから上げたクロスはゴールのほうに向かい、MF尾崎佳洋(3年)が頭で軌道を変える。これがゴールネットを揺らし、土壇場で星稜が決勝点を挙げた。

 リベンジされる形になった明秀日立の萬場努監督は「去年勝っている慢心を捨て去ることがピッチに立つまでにできるか、という話はしてきた。受けて立つとか、そういうことはなかったのでよく戦ってくれたと思います」と選手を労った。

(取材・文 奥山典幸)

●【特設】高校選手権2018

TOP