beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

リオ五輪代表の柏DF亀川が長崎へ!「必ず昇格しましょう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

柏DF亀川諒史が長崎へ

 V・ファーレン長崎は4日、柏レイソルからDF亀川諒史(25)が完全移籍で加入することが決定したと発表した。

 亀川は帝京三高から2012年に湘南へ加入し、2015年の福岡への期限付き移籍を経て2016年に同クラブへ完全移籍。同年にリオデジャネイロオリンピックのU-23日本代表メンバーにも選ばれた。

 2018年に加入した柏ではJ1リーグ戦22試合に出場し、1得点をマークしたが、チームはJ2降格。柏のクラブ公式サイト上で「2018シーズンは降格という不甲斐ない結果に終わってしまい、本当に申し訳なく思っています」と謝罪しつつ、「どんな時も素晴らしい雰囲気を作り、熱くさせてくれたサポーターの皆さんには本当に感謝しています。1年という短い間でしたが、この経験を今後のサッカー人生に必ず生かしたいと思います」と感謝を語った。

 また、新天地となる長崎に対しては「1年でJ1に復帰するために自分が持っている全ての力を注ぎます。必ず昇格しましょう」と挨拶している。

以下、クラブ発表プロフィール

●DF亀川諒史
(かめかわ・まさし)
■生年月日
1993年5月28日(25歳)
■身長/体重
176cm/70kg
■出身地
大阪府
■経歴
グリーンフルミネンセFC-帝京三高-湘南-福岡-湘南-福岡-柏
■出場歴
J1リーグ:69試合2得点
J2リーグ:98試合1得点
カップ戦:11試合
天皇杯:10試合
ACL:5試合

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●2019年Jリーグ移籍情報

TOP