beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

都道府県予選決勝敗退も、活躍、個性光った選手たち48選(西日本編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

高川学園高CB田近洸貴はマルチな能力に注目のプレーヤー。(写真協力=高校サッカー年鑑)

 12月30日に開幕した第97回全国高校サッカー選手権はベスト8が決まった。大会は後半戦に突入するが、ゲキサカは各予選決勝敗退校の選手にも注目。編集部・吉田がチェックした各予選準優勝校から光った選手を一人ずつ、計48人ピックアップする。第2回は三重県~沖縄県までの西日本24選手を紹介。

海星高MF清水俊樹(2年)
「特に前半は鋭いドリブル、コンビネーションからのシュートで存在感。セットプレーのキッカーも務めた」

綾羽高DF浦山昂泰(3年)
「CB大田とともに最終ラインの中心で堅守を築いた長身CB。予備動作と出足速く相手の攻撃に対抗していた」

京都共栄高MF荒川聖志(2年)
「躍進を遂げた京都共栄のキャプテンマークを巻く2年生サイドアタッカー。スピードを活かした縦突破からチャンスを演出」

東海大仰星高MF美藤倫(2年)
「まだ試合を支配するまでは至っていないが、随所で光るアイディアとテクニック。19年に期待のレフティーだ」

県立西宮高MF赤木恵(3年)
「県予選では準決勝のミドル弾など貴重なゴールを連発。主将は2列目からの飛び出しとシュートでチームを初の決勝へ導いた」

奈良育英高FW石田翔馬(3年)
「県予選で11ゴールを叩き出したゴールハンター。決勝ではターンからポスト直撃の右足シュートを放ち、怖い存在であるところを示した」

初芝橋本高MF西淵啓斗(1年)
「1タッチでボールをさばくなど周囲を活かしながら、自身も体勢の良い形でパスを受けて決定的な仕事。センス光る」

八頭高MF中原竜也(3年)
「米子北相手に自分の特長で勝負していたボランチ。相手の逆を取る巧さとボールキープ力も備える。抜け目なくゴールを狙い続けていた」

大社高MF藤原建(2年)
「ハイプレスで寄せられた状態でもギリギリのパスを通して攻撃の起点に。1タッチパス、右足キックの精度も高いボランチ」

作陽高MF早川海瑠(3年)
「MF西山らとともに決勝の前半はボールを握って主導権。ボールを正確に扱う技術とアイディアも。守備の勘も良い」

広島皆実高MF田中博貴(2年)
「決勝ではシャドーの位置で並ぶMF堤とともに特に前半は存在感のあるプレー。158cmと小柄だが、一瞬のスピードとテクニックで相手の守りを打開する」

高川学園高DF田近洸貴(3年)
「個でボールを奪い取り、攻撃の起点、突破口になることもできるマルチプレーヤー。本職のCBに加え、中盤でも存在感を発揮する」

大手前高松高FW片上椋太(2年)
「スピードと飛び出しのタイミング、活動量の多さが光る2年生ストライカー。県予選では4戦連発、計7ゴールを記録」

徳島北高MF小林竜來(3年)
「エース富士が左腕骨折で出場時間が限られる中、スピードと左足を駆使してチームを牽引。決勝では直接FKがポストを弾く不運も印象的なプレー」

八幡浜工DF稲垣壮智(3年)
「登録175cmと大柄ではないが、出足の速さと守備範囲の広さで古豪を支えたCB。インターセプトからそのまま攻撃参加するシーンも」

高知高MF小黒大翔(2年)
「チームの1ボランチを務める179cmの長身MF。落ち着いたボールさばきから攻撃を組み立て、スルーパスも狙う」

筑陽学園高FW赤司匠(3年)
「県決勝では東福岡の名手・松田から先制ゴール。攻守に渡ってのアグレッシブなプレーで強豪を力強く牽引した」

佐賀東高MF寺崎敦彦(3年)
「弟のMF寺崎朋範と兄弟でピッチに。前半にカットインからポスト直撃のシュートを放ち、後半には同点ゴール。技術の高さを示した」

長崎南山高DF水口洸(3年)
「精度の高いフィードやFKを狙ったところにつけて攻撃の起点に。後方からの声とカバーリングでチームを支えた」

ルーテル学院高MF本田大悟(2年)
「決勝では右サイドで相手CBをかわし、ラストパスで先制点を演出。インターセプトから一気にPAへの侵入を狙う動きも」

柳ヶ浦高DF諸富博哉(3年)
「決勝ではいずれも注目のFW芝崎やMFキムがゴールを決めたが、180cmの長身と高い運動能力を備えた右SBも存在感」

宮崎日大高MF川元翔太(3年)
「攻撃の中心プレーヤーはシャドーの位置からの抜け出し、ラストパスで相手の脅威に。果敢にゴールを目指し続けた」

鹿児島城西高MF山縣聖大(2年)
「相手の急所を狙う動きを連続。豊富な運動量でサイドのスペースやゴール前に侵入し、決定的な仕事」

西原高FW玉城羽(2年)
「沖縄を代表するアタッカー。スピード、ゴール前での身のこなしで対戦相手を苦しめ、ゴールを奪い取る」


●【特設】高校選手権2018

TOP