beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

主力温存トッテナムがゴールラッシュ!ソン・フンミンが1G2A、ジョレンテはハット達成でFA杯4回戦へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

トッテナムがゴールショー

[1.4 FA杯3回戦 トレンメア0-7トッテナム]

 トッテナムは4日、FA杯(国内杯)3回戦でトレンメア・ローバーズ(4部相当)と対戦し、7-0で勝利した。

 プレミアリーグ3位につけるトッテナムは、1日の第21節カーディフ戦からDFダビンソン・サンチェスとMFデレ・アリ、FWソン・フンミンを除く8人を変更。DFセルジュ・オーリエやDFベン・デイビス、FWフェルナンド・ジョレンテらを起用した。

 トッテナムは前半40分、左CKの流れから一度はボールを奪われるが、オーリエとDFフアン・フォイスの素早いチェックでこぼれたボールをオーリエが右足一閃。右に大きくカーブしたシュートがゴールネットに突き刺さり、先制に成功した。

 前半は1点にとどまったが、後半はゴールラッシュとなった。まずは3分、右サイドを突破したソン・フンミンの折り返しをジョレンテが左足で合わせて2-0。10分には、浮き球パスをペナルティーアーク手前でソン・フンミンがキープし、PA右へ展開すると、後方から走り込んだオーリエが右足シュートを決め、リードを広げた。

 後半12分、2得点に絡んだソン・フンミンがハーフェーライン付近から中央を突破。左足でゴール右隅に流し込み、4点差とする。26分、MFオリバー・スキップのスルーパスで抜け出したジョレンテが左足で決め、6-0。ジョレンテは27分にもMFルーカスの折り返しを右足で合わせてハットトリックを達成した。

 そしてトッテナムは後半37分、デレ・アリのスルーパスに反応した途中出場のFWハリー・ケインがPA左から右足シュートを決め、ダメ押し。エースがゴールショーを締めくくった。試合はトッテナムが7-0で完勝。難なく4回戦に駒を進めた。

●プレミアリーグ2018-19特集
●FA杯2018-19特集

TOP