beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

トゥールーズが“クラブ史上初の日本人プレイヤー”昌子源の加入を正式発表!背番号も決定

このエントリーをはてなブックマークに追加

トゥールーズが昌子源の獲得を正式発表

 トゥールーズは4日、鹿島アントラーズに所属する日本代表DF昌子源(26)と契約したことを正式に発表した。契約期間は2022年まで。背番号は鹿島時代と同じ『3』をつける。

 昌子は米子北高から2011年に鹿島へ加入。クラブ通算224試合で11得点を記録し、J1リーグ、ルヴァン杯、天皇杯、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の優勝など6個のタイトル獲得に貢献した。また、2015年3月には日本代表デビューを飾り、今夏のロシア・ワールドカップにも出場。国際Aマッチ通算15試合で1得点を記録している。

 昨年12月29日に鹿島がクラブ間合意を発表していたが、4日にトゥールーズもクラブ公式サイトで獲得を発表。「クラブ史上初の日本人プレイヤーとなる昌子源選手の加入を歓迎します」と記した。

●海外組ガイド
●フランス・リーグアン2018-19特集

TOP